仕事や創作のアイデアを生み出したいなら、自分を遊ばせるべし

アイディアや創作を生み出すために、パウンドケーキを作りました

煮詰まっている人や
立ち止まっている人に多いのは
「そのことしか考えていない」
「そのことにかかりっきり」
ということです。

「自分を遊ばせた方が、仕事や創作の
いいアイデアが出てくる」
ものですよ。

わたしも以前は、24時間ずっと
仕事のこと考えてるんじゃないか?
ってくらい仕事人間でしたが、
それだと全然うまく
いかなかったんですよね。

最近はよく自分を遊ばせています。

ということで、本日は
パウンドケーキを作りました。

だいだいパウンドケーキ断面

2本に分けたらコンビニで売ってる
チーズケーキみたいな厚みになった。
でもおいしかったですよ。

「きのう何食べた?」5巻にのっている
バナナパウンドケーキのレシピを
アレンジして作っています。

本のレシピでは砂糖70g、
バナナ小さめ3本なのですが、
ジャムは砂糖っけが強いので
砂糖50g、だいだいジャム150g
入れました。

(だいだいジャムはちょっと苦めなので
150gでも大丈夫でしたが、
すごーく甘いジャムはもう少し
控えめにした方がいいかもです)

バター100g、卵2個、
ホットケーキミックス150gは
そのまんまです。

友人からもらった、だいだい

何で「だいだいパウンドケーキ」
なのかというと、
友人の家で大量になった
だいだいを沢山いただきまして。

だいだいジャムを手作りしているところ

自分でジャムを作りまして。
その手作りジャムで作ったんです。

そのむかし、また別のルートで
甘夏を大量にもらったとき、
やはりジャムを大量に手作りしまして。

「ジャム入れてパウンドケーキ
作れるんじゃね?」
って思って作った経験があって、
こういう柑橘類をいただくと
とりあえずジャム&パウンドケーキにする
習性がついてしまいました。

ケーキを焼いているときに、オーブンのドアを開けたらダメ

で、最初の話に戻るのですが、
こうやってケーキをオーブンで焼いてる時、
途中でオーブンのドアを
バンバン開ける人って
まあ大体いないじゃないですか。

「そのことしか考えていない」
「そのことにかかりっきり」
の状態って、
ケーキを焼いている間に
オーブンのドアを何度も何度も
開けることと同じなんですよね。

そりゃあ美味しいケーキも焼けません。

わたしは今日、ケーキを焼いている間は
他の「やりたいこと」をしていました。
実はそのやりたいこと、
「ちょっと煮詰まっていたこと」
だったんですけど、
なぜかスラスラ進みました。

ということで、
「うまくいかない」と悩んでいる人は
もっと自分を遊ばせるといいと思いますよ。
真面目な人は
「遊んでたらうまくいかない!」
って言いますけどね。

遊んでなくても
うまくいってないじゃないすかー、
と思います。

ごきげんよう、さようなら。

※ちなみにオーブンのドアのくだりは、
こちらの本に書いてありました。
 ↓

読んだ当時はタイトルに
抵抗があったけど(^^;
中身は目からウロコの
自己肯定感爆上げアイディアが満載ですよ。

「こんな本恥ずかしくて読めない!」
っていう、当時のわたしに似ている人ほど
読むのをおすすめしますー。

* * * * *

記事執筆やイラスト・デザイン・
漫画のご依頼は下記メールフォームか
LINEでお問合せください。
まずお見積もりをお出しします。
※SNSからのお問合せもお気軽に!
 ↓
【ご依頼・お問合せフォーム】

LINEのお問い合わせはこちら

友だち追加

※LINEアプリ内で「@palicosp」で検索しても出てきます

* * * * *

◆ともえのSNSもフォロー/いいねお願いします◆

◎Twitter @palicosp

◎Facebook @palicosp

◎Instagram @palicosp


◆◆ともえの活動&企画◆◆

無料マガジン「ぱりこれ。」申込

イラスト業務のポートフォリオサイト

ネコ雑貨の通販しています