不便さゆえに助かっている気がして、なんだかな

目に見えない病原菌の
脅威から逃れる方法なんて
人の密集する所へ行かないのと
手洗いうがい消毒を徹底する以外
どうしようもないんじゃないかなあ、
と考えています。

でも、普通に生きているだけで
人が密集してしまう地域に住む人は
どうしたらいいんでしょう。
わたしは所詮、
「不便な土地」の恩恵を受けている
だけのような気もしてきました。

「がんばらない」を頑張っているあなたへ

他人の期待に応えるために
四六時中がんばって、
がんばって、がんばって、
がんばりすぎた結果、
体を猛烈に壊した人は、

「がんばらない方が
うまくいく」

という話を聞くように
なると思うんですよ。

そして今度は
「がんばらないを頑張る」
という謎の事態に
おちいっていくのです。

マイナスだけを選んでみている人の図

問題や悩みが起きた時、マイナスを見るかプラスを見るか

これカウンセリングでも
比較的よくお話しするテーマですが、
人間にも世界にも
「プラスとマイナスが同じ数ずつ存在する」
とわたしは考えています。

どんなにステキに見える人にも
絶対に短所があるし、
欠点だらけに見える自分にも
必ず才能がたくさんあるんですね。

これは現実に起きている
問題や悩みも同じで、
「それが起きたゆえの
恵みが必ずある」のです。

なんで意地になって頑張ってる方がうまくいかないのか

その昔(たぶん10年前くらい)、
とにかく努力すれば
うまくいくに違いない、
しあわせになれるに違いない
と思っていました。

しかし周囲を見ていると、
適度に力を抜いている人の方が
うまくやれている印象。

なんでだよ、不公平じゃないか、
わたしはこんなに頑張ってるのに、
とずーっと思っていたけど、

「自分は努力しているから、という
理由で他人を見下している」
「がんばりすぎて目が怖い」
「何でも抱えて勝手にイライラしている」

そんな奴がうまくいったり
しあわせになれるわけねえだろ、
と今なら思いますね。