精神疾患当事者VS支援者の構図を作らない—なぜ元当事者の私が「周囲の人」への活動もしているか

私は元々
「境界性パーソナリティ障害」
という精神疾患の当事者ですが、
現在は当事者さんだけでなく
「その周囲にいる方」に向けた
活動を行なっています。

世の中で量産されている
当事者VS支援者の構図に
嫌気がさしているのと、
私は当事者にも支援者にも
中庸でありたいからです。

ミナトさんとYouTube対談

手放しカウンセラー・ミナトさんのYouTubeでカウンセリングについてお話ししました

「YouTube配信とかしたいけど
1人で喋るのが苦手」な私の元へ
現れた救世主・ミナトさん!

今回はその動画のご紹介と、
動画を見るのが苦手な方のために
私が話した内容を文字で
読めるようにいたしました。

ちなみにこの動画シリーズは
なんと3部作で、
この記事は「2つ目」の動画です。

カウンセラーって話聞くだけじゃないの?それ以外に何をやっているの?

「カウンセラーって
話聞くだけでしょ?」
と思っている人が当ブログを
読む訳ないと思いますが(笑)、
今回は私が単発60分カウンセリングで
やっている事をすべて紹介します。

カウンセリング申込を考えている方、
これからカウンセラーを目指す方の
参考になればと思います。

しかしあくまで「私個人が」
やっている事ですので、
他のカウンセラーさんが
全員これをやっている訳では
ありません。ご了承ください。

カウンセラーをする上で大切なこと

カウンセラーをする上で大切なこと—自分も楽しみ、お客様のためになることを考える

カウンセラーに限った事では
ないのですが、
「お客様のために」
と思って色々サービスすると
どうしても提供する側が
自己犠牲しがちなんですよね。

仕事を長く続ける上で
大事なのは、
「自分も楽しみ、
相手のためにもなる」
サービスを考える
ことだと思うのです。