カウンセラーって話聞くだけじゃないの?それ以外に何をやっているの?

「カウンセラーって
話聞くだけでしょ?」
と思っている人が当ブログを
読む訳ないと思いますが(笑)、
今回は私が単発60分カウンセリングで
やっている事をすべて紹介します。

カウンセリング申込を考えている方、
これからカウンセラーを目指す方の
参考になればと思います。

しかしあくまで「私個人が」
やっている事ですので、
他のカウンセラーさんが
全員これをやっている訳では
ありません。ご了承ください。

カウンセリング申込の
流れはサイトで
書いています
ので、

この記事では
上記ページに書いていない
部分をお話しします。

事前ヒアリングシートの内容を書き出してチェック

通常、カウンセリングでは
初回セッション(対話)の中で
ご本人の悩みについて
深くお聞きするものですが、

私は「それだと時間が
もったいなくない?」
と思うんですよね。

なので当方では
「事前ヒアリングシート」
提出をお願いしています。

事前ヒアリングシートでは
以下の内容を伺っています。

  1. 今の悩みについて教えてください。(一番自分が解決したい問題や、今後自分がなりたい姿など)

2. ここまでは凄すぎてなれないだろう…と思う憧れの姿(状態)はどんな風ですか?
自分の姿や行動でもかまいませんし、有名人や活躍している人の名前を挙げてもかまいません。

3. 逆に、絶対にこんな風にはなりたくない、と思う姿(状態)を教えてください。

これ以外に「補足」を
書いていただく欄があります。

よくこのヒアリングシートに
「長文になって
しまってごめんなさい」
と言われるのですが、

実はこちらとしては
「長文になればなるほど
ありがたい」
のです。笑

なぜかというと、
こういうノートを作るからです。
 ↓

ヒアリングシートの内容をまとめるノート

これは1分間ノート術を元にした
ノートの書き方なのですが、
まずA4ルーズリーフを
縦に3分割します。

そしてそれぞれの欄に、
上記の内容を書き出します。

これを書くのに大体
1時間くらいかかります。
(長いと1時間半くらい)

長文になると
何がありがたいかというと、
「一番右の欄に書くこと」
が増えます。

「右の欄のメモ
=当日のカウンセリングで
話す・質問すること」
なので、ここが
決まっていると
すごくスムーズに進むのです。

私はパッと聞かれて
パッと答えるよりも、
事前に何を話すか大体
決めておいた方が
己の能力を発揮できます。

(パッと話すのも
得意は得意だけど、
事前に用意している方が
有能です(自分で言う))

自分の能力を
発揮できるということは
相談者さんにより良い
カウンセリングを
お届けできる
ので、
お互いにとって
良い結果になるんですね。

あ、でももちろん
「文章を書くのが苦手」
「喋るのは得意だけど
文字にするのは難しい」
という方には
無理に書かせません。


ただ、「書けない」と
言っている方のほとんどが、
「綺麗にまとめなきゃ」
「わかりやすく書かなきゃ」
と気を使いすぎて
書けないことがしばしばです。

なので、

「キレイにまとめなくていいし、
自分が思ってもいないことが
解決の糸口になったりするので、
気にせず思いついた順に
書いてくださいね」


とお願いしています。

だってその方が助かるんだもん(笑)。

逆にまとめようとすると、
大事な所が抜け落ちるんですよね。
だからまとめないでください(笑)。

当日のカウンセリング

ビデオ通話の場合は
身支度が必要になります。

カウンセリングユニフォームとして
「シャツと黄色いカーディガン」
毎回着るようにしております。

(なぜ黄色なのかは
理由があるけど、
ここでは言いません 笑)

私はLINEカウンセリングより
ビデオ通話カウンセリングを
おすすめしているのですが、
なぜかというと

「私の顔が見えたり
声が聞こえた方が、
相談者さんが

安心しやすくなる」

からです。

特に初回のカウンセリングって
みなさん緊張しますからねー。
(たとえ自分側がビデオを切っていても)

なので当日
気をつけていることは、

・できるだけ相手が
リラックスするように
勤めること

・相手が話しやすいような
質問をすること


・相手の話を

黙って聞く時間を
意識してたくさん持つこと


です。

また、私もなんだかんだ言って
緊張するので、
30分前にはパソコン周りを
ウロウロして
ソワソワしたりします(笑)。

ここ最近は
カウンセリング前に
7分間の瞑想を
するようになりました。

やはり、自分の心が
落ち着いていないのに
相手を安心させることなど
できませんからね。

コンパッションという物ですので、
気になる方はどうぞー。
 ↓

カウンセリングのまとめ資料を作成

私はカウンセラーで
あると同時に
紙面デザイナー(イラストレーター)
でもあるので、
Adobe Illustratorというソフトで
カウンセリングの内容をまとめた
資料(PDF)を作成します。

この「紙面デザイナーである」
というのは、私の強みの
ひとつでもありますね。

誰にでも同じ資料を
渡している訳ではなく、
相談者さんお一人お一人に
お作りします。

もちろん、似た悩みだと
内容がかぶる事もありますが、
毎回ひとりひとり
必ず違った資料ができます。


単発の方は大体4〜5P程度の
内容になりますね。
こちらも1時間〜1時間半くらい
かけて作成します。

補足・1ヶ月コースの場合

1ヶ月コースの場合は
PDFをもらうか
もらわないかを選べます。

初期の頃は1ヶ月の
ベーシックコースだと
30Pくらいの内容でしたが、
最近のベーシックコースで
作ったPDFを数えてみたら
70P越えていました(笑)。

もちろんやりとりの
内容によってP数は
増減しますが、
そのくらい
気合の入ったものが届くと
思っていただければ。

60分カウンセリングは60分話して終わりじゃない

ということで、
60分のカウンセリングを
するために
それ以外の時間を
3時間前後くらい
使っているんですね。

えーっそうだったんだ!(笑)
(ちゃんと数えたことがなかった)

これからカウンセリングを
受けようという方も、
これからカウンセラーに
なろうという方も、

「60分喋ればそれでOKの
仕事じゃない」


ということが分かって
いただければ幸いです(笑)。

別にわざわざ言うこと
でもねえなと思って
今まで書いて
こなかったんですけど、

「この金額を
払うだけの価値が
あるのかどうか」


を説明しないのも
どうかと思ったので、
急に思い立って
お話ししてみましたー。

それでは本日はこの辺りで。
ごきげんよう、さようなら。

* * *

一人で解けない悩みの糸を、ほどくお手伝いをいたします

カウンセリング詳細&お申込みはこちら

無料メールマガジンやってます

心を軽くする心理学の話を
わかりやすく解説しています。

◆月〜土・大体20時配信◆
 ↓


あなたの心を心理学でスッと軽くする「ぱりことば。」

無料悩み相談はこちらへ!

匿名ブログネタ投稿フォーム

※ブログ上で回答します。
 全ての投稿を採用する訳ではありません。

※フォーム以外からのリクエストは
 取り上げませんので、ご了承ください。

LINE・SNSのお問合せ先

友だち追加

上のボタンを押すか、
LINEアプリを開き
「@palicosp」でID検索

◎Twitter @palicosp

◎Facebook @palicosp

◎Instagram @palicosp