うまく行かない人と、辛辣な猫のイラスト
悩む(心を病む)猫のイラスト

悩み&病みの解決方法その1「自分自身に高望みするのをやめる」

自分自身の悩みを分析したり、
人のお悩みを聞いていると、

「悩んだり病んだりする原因の
ひとつは、高望みしすぎること」

だと感じます。

高望みって聞くと、婚活とかで
自分のスペックを棚に上げて
「年収3千万の男性じゃないと嫌」
って言う感じを想像しますよね。

しかし多くの人が、他人ではなく
「自分自身に高望み」して、
それで自分の心を苦しめているんです。

女の子とメガホンのイラスト
怒る猫とあきれる犬のイラスト

「私が悪いって言うんですか」と言う人は、実は自分で自分を責めている

わたしが大事にしている
「考え方」のひとつに、
“自分にないものは出てこない”
という考え方があります。

人に何か言われた時に、
「私が悪いって言うんですか!」
と怒り出す人がいますが、

“自分にないものは
出てこない”ので、

つまりこの人は
「本当はいつも、
自分が悪いと思っている」
のです。

困る・悩む少年とヒーローのイラスト

わたしは「自分が持っている、何てことない能力」を武器にした

わたしは、なぜかとても
「話しかけられやすい」です。

「イラストが描ける」
「脚本が書ける」
などに比べ、
「話しかけられやすい」
なんてことは、一見
才能でも何でもない
ように思えます。

しかしわたしは、その
「何てことない能力」
を武器にして、
カウンセラーの仕事を
つかみとることが
できたのです。

松江水燈路アーティスト行燈参加|小泉八雲・ろくろ首のイラスト

やりたい事があるなら、自分から動くべし|松江水燈路アーティスト行燈参加

わたしの住む島根県では
毎年秋に「松江水燈路」という
大きなライトアップイベントが
開催されます。

そのイベントの
「アーティスト行燈展示」に
今年は作品出展します。

初めて水燈路を見に行った時、
「自分もいつか、ここに並ぶ
くらいのアーティストになるぞ」
と思っていました。

しかしわたしは、
ただぼんやりとそうなるのを
待っていた訳ではありません。
「自分から動いた」から、
叶ったという話を今日はしていきます。

年齢だけで人を判断しない中学生女子

年齢にこだわる人は不幸になりやすい

若かろうが若くなかろうが、
「年齢」だけで判断されて
嫌な思いをした人は
たくさんいると思います。

しかし
「年齢だけで判断」したり、
やたら「年齢にこだわる」
人生を送っていると
不幸になりやすいんですよね。

なぜかというと、
「年下だから」というだけで
下に見る、という人は
「年上は〇〇でなければならない」
「このくらいの年齢の人は、
こうでなければならない」
という無意識の自分ルールに
縛られて苦しむことになるからです。

賞賛と感謝する猫のイラスト
立ち止まっているだけの猫|イラスト
MacBookAirとわたし

「準備ができていないから、行動しない」と思っていると、一生準備は完了しない

青森滞在中です。
実は島根から青森に来る途中、
大阪(伊丹空港)で
乗り換えがあったんですよ。

説明は省きますが、
伊丹空港で3時間待たねば
ならなかったので、
その3時間で千里中央へ行って、
Mac Book Airを買ってきました。

なぜかというと、
「道具を買えるようになったら、
夢を叶えよう」
という考え方では、
一生かかっても夢なんか叶わない、
と思ったからです。

1 2 3 5