なんで意地になって頑張ってる方がうまくいかないのか

その昔(たぶん10年前くらい)、
とにかく努力すれば
うまくいくに違いない、
しあわせになれるに違いない
と思っていました。

しかし周囲を見ていると、
適度に力を抜いている人の方が
うまくやれている印象。

なんでだよ、不公平じゃないか、
わたしはこんなに頑張ってるのに、
とずーっと思っていたけど、

「自分は努力しているから、という
理由で他人を見下している」
「がんばりすぎて目が怖い」
「何でも抱えて勝手にイライラしている」

そんな奴がうまくいったり
しあわせになれるわけねえだろ、
と今なら思いますね。

* * *

意地になって
がんばってる時ってね、
「自分」しか
見えてないんですよね。

「他人を気遣っている」
つもりでいても、
「他人を気遣うことで
評価される自分」
しか見とらんのですな。

「ここまでやってるんだから
『私を』褒めてよ」

「ここまでやってるんだから
『私を』認めてよ」

「ここまでやってあげてるんだから
あなたも『私の言う通り』動いてよ」

自分自分自分。
ずーっと自分です。
他人のことなんか見てやしない。

そのくせ「自分が大嫌い」なんですね。
何で大嫌いなのかって、
そのくらい嫌いになれるほど、
穴があくほど自分のことしか
見つめていないからです。

それが、過去のわたしです。

* * *

今のわたしはわりと
わたしのことが好きです。

自分以外の他人に
興味を持てるようにもなりました。

自分を好きになったから、
他人に興味を持てるようになったのか、

他人に興味を持つようになったから、
自分を好きになったのか、
どっちが先かはわからないけど。

アイデアを考えたり
それを実現するために
がんばるのは
相変わらず好きだけど、
ある程度がんばったら
あとは好きなことをして
遊ぶようにしています。

(今日は久しぶりに
スーファミ版・星のカービィ
スーパーデラックスをしました)

「果報は寝て待て」って
言いますでしょ?
適当に遊んでると、
昔やった努力が実になって
なにやらうまく進むんです。

まあでも、そう思えるのも
「頑張った過去」があるから
なんですかねえ。

他人を見下し、
目を血走らせ、
勝手にイライラしていた
頑張りすぎの過去のわたし。

自分のことしか考えてなくて
本当にしょうもなかったけど、
まあ、めちゃくちゃ
頑張ってたよなあ。

うまくいってはなかったけど、
今となってはあなたのことも
わたしは「好きだ」と思えるよ。

* * *

「今の自分」や
「過去の自分」を
否定し続けている人は、
望む姿になれやしない、
というのがわたしの持論です。

ということで、頑張りすぎて
空回りするあなたに、
おまじないをひとつお伝えしましょう。

1. 過去の自分や今の自分の
嫌いなところを、
思いつく限り全て
リストアップします。

2.リストアップした文章の横に
「今はそういう自分なんだから、
しかたない」と書くか、
そう声をかけてあげてください。

3.頭の中に
「そんな甘いこと言ってたらダメだ!」
「もっと努力しなきゃ!」
のような、否定的な言葉が
浮かんできたら、
リストアップの横に
「自分に甘い自分はダメ」または
「自分に厳しい自分はダメ」と書きます。

4.さらにそれらに対しても、
「今は自分を甘やかしたいんだから、
仕方ないよね」または
「今は自分に厳しくしちゃうんだから、
仕方ないよね」と書いたり、
声をかけてあげます。

とにかく
「過去の自分や
今の自分を否定しない」

もしあなたが、本当に
「望む姿」になりたいならね。

ごきげんよう、さようなら。

* * *

◎ブログネタのリクエストや
ちょっとした無料相談はこちらで
匿名ブログネタ投稿フォーム
※フォーム以外からのリクエストは
 一切採用いたしません。

◎全国どこからでも受けられる
有料カウンセリングをしています。
詳細・お申込みはこちらから
カウンセリングサービス「ぱりことば。」

◎イラスト・漫画・デザインの
詳細、お問合せはこちらから
イラスト業務ポートフォリオ
ご依頼・お問合せフォーム

◎ライター業務の詳細、
お問合せはこちらから
ライター:巴のポートフォリオ

ご依頼やカウンセリングについて
気になることやご質問などは、
お気軽にLINEやSNSなどで
おたずねくださいね。

◎LINEのお問い合わせはこちら

友だち追加

※LINEアプリ内で「@palicosp」で検索しても出てきます

◎巴(ともえ)のSNS
◎Twitter @palicosp
◎Facebook @palicosp
◎Instagram @palicosp

* * * * *

活動紹介マガジンを無料で配布しています

オンラインショップ「ぱりこしょっぷ。」