何をやってもうまくいかない人が、うまく行くために必要なこと

うまく行かない人と、辛辣な猫のイラスト

世の中には初めから
チャレンジできない人の
ほうが多いですが、

「色々やってみてるのに、
なんでうまくいかないの?」
という方も多いのではないでしょうか。

答えは簡単です。
「うまくいかなかったことの
反対をやらないから」

です。

うまくいかない人は「失敗」のプロフェッショナル

「何をやってもうまくいかない人」
「何をやっても失敗してしまう人」は
「どうやったら失敗できるか分かる」
プロフェッショナル
なんです。

せっかくプロフェッショナルなのに、
その能力を活かしていないから
「何度も失敗する」のです。

大量の「うまくいかないストック」を活用する

“自分が何をしてきて
うまく行かなかったのか”
を冷静に見つめて、
きちんと把握することができれば

「今までやっていたことと
真逆のことをやる」
「今までやってきたことを捨てる」
ことで、うまく行くための
道筋が見えてきます。

トーマス・エジソンの
「失敗ではない。
うまくいかない方法を
1万通り発見しただけだ」

という言葉を多くの人が
知っているはずなのに、

どうして多くの人は
「自分にそれは当てはまらない」
と思っているのでしょうか。

はっきり言って、
自分が幸せに生きるために
失敗は1万回もいりません。
(エジソンくらい
世紀の大発明をしたかったら、
1万回は必要かもしれませんが)

そこそこの失敗で、
多くの人は幸せになったり
うまく行ったりしています。

それはおそらく、
「うまく行かないストック」を
ため込んでおくのではなく、
有効に使ったからです。

「挑戦を楽しむ」ことがまず大事

とはいえ、
「うまく行かなかったことの
真逆をすれば、必ず成功する」
という訳ではありません。

また別の失敗が
やってくることもあります。
けれどさらに、
その裏をかくんです。

そうやって続けて挑戦することで、
「10回中10回の失敗」が
「10回中8回の失敗」に
なるかもしれません。

「10回もやって、たった2回しか
成功しないの!?」
と思うかもしれませんが、
「10枚買った宝くじが、2枚高額当選」
と考えたら、なかなかいい
確率ではないでしょうか?

今の「うまくいかない」状況を
驚くほど変化させるには、
「失敗と向き合う」
「その逆を試す」こと、
そして何より
「挑戦することを楽しむ」
しかありません。

もし、成功するために必要な
“才能”がいくつかあるとしたら、
そのうちのひとつは
「自分を楽しませる才能」
だとわたしは考えます。

これは誰でも意識すれば
持てる&育つ才能です。

自分のご機嫌をとることを、
意識してみてください。
ごきげんよう、さようなら。

★自分のご機嫌をとるヒントのひとつ
アーティスト・デート
※アーティスト以外にも有効です

* * *

◎クリエイター・カウンセリングと
 一般のカウンセリングを
 承っています。
 申込・詳細はこちら
 ↓
日本中どこからでも受けられる
カウンセリングサービス
「ぱりことば。」


◎記事執筆やイラスト等の
ご依頼は下記メールフォームか
SNS・LINEでお問合せください。
まずお見積もりをお出しします。
 ↓
【ご依頼・お問合せフォーム】

* * *

ご質問や心配なことなど、
お気軽にLINEやSNSなどで
おたずねくださいね。

◎LINEのお問い合わせはこちら

友だち追加

※LINEアプリ内で「@palicosp」で検索しても出てきます

◎巴(ともえ)のSNS
◎Twitter @palicosp
◎Facebook @palicosp
◎Instagram @palicosp

* * * * *

◆巴の活動&企画◆◆
無料・活動紹介マガジン申込ページ
イラスト業務ポートフォリオはこちら
ネコ雑貨のオンラインショップ