「リアル」13巻だけでも泣けるから集められなくても13巻だけ買ってくれ

「リアル」ファンアート・スコーピオン白鳥

「誰にも認めてもらえない」
「誰かのせいにして
逃げているだけだ」
「自分はクソ野郎だ」

もしも今あなたが
そんなことを思って
自分を責めていたら、
ぜひ贈りたい言葉があります。

「でもよ
忘れんなよ
俺もクソだ」

* * *

先日、急に
「リアル(井上雄彦・作)」
が読みたくなって、
1〜14巻まで一気に買って
一気に読みました。

(元々1〜8巻くらいまで
集めてたんだけど、
売ってしまったので買い戻した)

その中でわたしは、
13巻が大好きになりました。

1〜12巻まで読んでいない人でも、
13巻だけで泣けるんじゃないかと
思うくらい。

【リアル13 ヤングジャンプコミックス|Amazon】

「リアル」自体は
車椅子バスケットの話なのですが、
この作品は様々な登場人物の
様々な心の葛藤が描かれているため、

13巻は悪役(ヒール)
プロレスラーとして有名だった、
スコーピオン白鳥(シラトリ)の
話がメインです。

交通事故で下半身が動かなくなり、
プロレスどころか
立つことも歩くことも
できなくなってしまった白鳥の、
過去、現在、そして
未来へ進もうとする姿が
描かれています。

俺のファンはクソだ

どこにも届かない
大声を振り絞って

明日からまた
つまらない日々を送る

誰かのせいにして−−−

かつて「太陽」を目指して
強くなろうと必死だった白鳥は、
「悪役(ヒール)」として
プロレスをする運命に
なってしまいます。

本当はヒーローになりたかったのに
「悪役」を続けなければいけない
葛藤を抱えながら、
次第に自分のファンへ
嫌悪感を感じるようになります。

しかし……

どうだい
クソ野郎共

今度は何があった?
いろいろあるわな

でもよ
忘れんなよ

俺もクソだ

白鳥は自分もまた
「誰かのせいにして」いた
クソ野郎だと自覚し、
自分がプロレスをやってきた意味、
「悪役(ヒール)」として
存在してきた意味を実感します。

そして、
「認められない」
「嫌われる」ことを
人知れず嘆いていた
悪役(ヒール)・白鳥を
誰よりも必要としていたのは
善玉(ベビーフェイス)となった
同期の松坂でした。

(p130からの流れが泣けるので、
これはもう漫画で読んで…)

(白鳥をずっと応援していた
ファン・花咲君の話も泣ける)

誰も認めてくれねえか
いねえことにされてるか

知ってるぞ
お前らという
人間がいること

このでけえ声で
叫んでやる

このセリフを読んで、
これはわたしが言われたかった
言葉でもあるし、
わたしが言いたかった
言葉でもあることを
思い出しました。

うまくいかなくて
誰にも認めてもらえなくて
まるでいなかったか
のようにされて、
精神病に負けて
ぜんぶ精神病のせいにして
ぜんぶ他人のせいにして
みじめだった自分。

「誰もわたしを見ていない」
「誰もわたしを知らない」と
一人の部屋で毎日
泣いてばかりだった自分。

「知ってるぞ
お前らという
人間がいること」


あの時の自分に
呼びかけられている
ような気がしました。

そして、

「そうだ、わたしは
こうなりたかった。
白鳥に呼びかけて
もらいたかったし、
自分が誰かの
『スコーピオン白鳥』
になりたかったんだった」

「誰かのせいにして逃げて
悔しくて悲しくて
みじめな思いをしている
人たちに
『大丈夫、お前と同じで
俺もクソだ』
『知ってるぞ
お前らという人間がいること』
そう言うために
ここまで来たんじゃないか」

と思い出しました。

さあ前へ進め
クソ野郎

俺のことだ

最近のわたしの
合言葉はこれです。

前へ進め。
クソ野郎はわたしのことだ。

「境界性パーソナリティ障害を
克服したすごい人」
とか言われて
いい気になってんじゃねえぞ
クソ野郎。

お前は今でも
沢山のことから逃げてる。
何かのせいにして
誰かのせいにして。

でもよ
お前がクソ野郎だったこと
お前が今でもクソ野郎なこと
それを聞いて
安心する人もいるんだ。

クソ野郎であることを隠すな。
そして前へ進め。

どんなクソ野郎でも
前に進めるんだと、
お前を好きな奴、
お前を頼りにしてる奴、
「自分はクソ野郎だ」と
自分を責めて嘆いている
奴らに見せてやれ。

これが、最近わたしが
わたし自身へ
言っている言葉です。

もしこのブログを読んでいる誰かが
「自分なんかダメだ」
「この人はすごい、
自分なんか恥ずかしい」
とか思っていたら、
この言葉を胸に刻みつけてほしいです。

「でもよ
忘れんなよ
俺もクソだ」


あと、マジでリアル13巻は
ほぼ1巻丸々
プロレス漫画みたいだし、
おそらくこの巻だけでも
感動できるので、
ぜひこの巻だけでも読んでください。

いや、1巻から読みたい!
という方はより一層読んでください。

【リアル コミック 1-14巻セット|Amazon】

ちなみにわたしは「野宮」が好きです。
正直言ってわたしの内面は、
スコーピオン白鳥より
野宮が一番近いです。

ごきげんよう、さようなら。

* * *

◎ブログネタのリクエストや
ちょっとした無料相談はこちらで
匿名ブログネタ投稿フォーム

◎カウンセリング業務の詳細、
お申し込みはこちらから。
クリエイター・カウンセリングも
行っております。
カウンセリングサービス「ぱりことば。」

◎イラスト・漫画・デザインの
詳細、お問合せはこちらから
イラスト業務ポートフォリオ
ご依頼・お問合せフォーム

◎ライター業務の詳細、
お問合せはこちらから
ライター:巴のポートフォリオ

ご依頼やカウンセリングについて
気になることやご質問などは、
お気軽にLINEやSNSなどで
おたずねくださいね。

◎LINEのお問い合わせはこちら

友だち追加

※LINEアプリ内で「@palicosp」で検索しても出てきます

◎巴(ともえ)のSNS
◎Twitter @palicosp
◎Facebook @palicosp
◎Instagram @palicosp

* * * * *

活動紹介マガジンを無料で配布しています

オンラインショップ「ぱりこしょっぷ。」