私の問題は、独りで戦おうとしていた事だった—リトリートセミナーin神楽坂・感想

リトリートセミナー中にいただいたお弁当

2021年5月22日・23日の2日間。
もう何年も前から
「参加したい」と思っていた
念願のリトリートセミナーに
やっと参加しました。

「あと少し足りない」
「何かがズレている」
という思いを抱えて
ここ数年生きてきましたが、
何が問題だったのか
やっと分かりました。

「独りで戦おうとしていた」
ことです。

ものすごくベタなことを言いますが、
私に必要だったのは
「一緒に乗り越えてくれる誰か」
でした。

* * *

当ブログの熱心な読者の方は
非常によく聞く名前だと思いますが、
心理カウンセラー・根本裕幸さん
主催する「ザ・リトリートセミナー」へ
2日間参加してきました。

※ここで私が詳細を書くのめんどいので、
リトリートセミナーそのものの詳細はこちら

リトリートセミナーの
キャッチコピーは
「人生を変える2日間へようこそ!」。

私はこれまで、根本さんの
ブログ・著書・メルマガ・
過去1回だけ参加した
セミナーなどのお陰で、
既にかなり人生を
変えることができました。

24年間もわずらっていた
精神障害も克服(寛解)。

恋愛の問題も、
親子・親戚関係の問題も解消。

ずっとやりたかった
創作活動も仕事も
軌道に乗ってきました。

なのにずっと、
「まだうまく行っていない」
「あと少し足りない」
「何かがズレている」

という気持ちが
ずーーーーーーーっと
胸の中にあったのです。

何か、根本的な問題が
まったく解決していない、
そういう感じが。

「世間からズレている」
「多くの人になじめない」
という気持ちは幼い頃からあって、
そっちは解消したんです。

私が感じている
「ズレ」っていうのは、
そういうことじゃない。

自分の本心にちゃんと
向き合っている筈なのだけど、
何かが決定的にちょっとだけ
「的外れ」なのです。

それが何なのか知りたくて、
更にそれが解消できる気がして、
リトリートセミナーに
申し込みました。

感情が不安定になった1日目

結論から言うと、1日目終了直後は
ものすごく感情が不安定になりました。
(※これはdisではありません)

会場では問題なかったのですが、
帰りの電車でボロ泣き、
信号待ちでボロ泣き、
ホテルの部屋でボロ泣き、
風呂に入ってもボロ泣き、
ベッドに入ってもボロ泣きして
2時間眠れない、という事態に。

東京に来たのは木曜からですが、
金曜の夜までは毎日
快眠だったのです。
ベッドに入っていたら
3分以内に寝ました。
それが2時間の不眠。
はっきりと異常です。笑

私のブログでリトリートセミナーの
ネタバレをする訳ではないので
端的に書きますが、
1日目は
「自分が気づいていない、
本来の自分の姿」を知る
イメージワーク(誘導瞑想)が
あったんですね。

(※イメージワーク…
脳内でいろいろ想像することで
自分の本心や本質と
つながりましょうねーっていう試み)

女神

 ↑
私が思い浮かべたのは、
こういうゆるふわ女神です。
(あまりにも気になったので、
別に描かなくていいのに
その場でイラストにしました)

しかし私の理想像は
「かっこいい金髪の女」
なんですよ。
なんならちょっと
怖いくらいでもいい。

最近の椎名林檎さんとか
夏木マリさんを
想像していただけると
ありがたいです。
私が一番目指しているのは
「イノサン」という漫画の
マリー・ジョセフ・サンソンです。

↑この人ね。

何ならゆるふわ女子は、
私がこれまでこの世で
最も嫌悪してきたもの
なんですよ。笑

でもそれが「私」と言われて、
まっっっっっっったく
受け入れられませんでした。
そんなはずはない。
こんなものが私であるはずがない、
と思ったのです。

しかし考えてみたら、最近友人に
「巴ちゃんは愛らしいよね」
と言われていました。
パートナーは何かあるごとに
「ねんちゃん(※私のあだ名)は
かわいいよね」と言ってきます。

愛らしいもかわいいも、
このイラストの
ゆるふわ女子になら
しっくり来るのです。
認めたくない、
けども、これが私。
というか、
「これも私」なのか。

帰宅して色々と自分に
言い訳をした結果、

「思い浮かんだ
女神のイメージは
魔法騎士レイアースの
エメロード姫だった。

彼女は世界のために
祈る姫ではあるものの、
愛する人のために猛烈に戦う
残忍な姫でもある。

私はつまり両方の素質を
兼ね備えているってことだ。
そういうことにしよう

と結論をつけました。

レイアースもエメロード姫も
何だかわからない方は
漫画を読んでください。
名作です。(私にとっては)

自分の問題点と「ズレ」が分かった2日目

1日目で猛烈に感情が
不安定になった私は、
正直いうと直前まで
「2日目、行きたくねえ……」
と思っていました。

しかし同時に
「行きたい」という
相反した気持ちも
芽生えていました。
なぜなら、
「行きたくない」という気持ちは、
必ず変われる前兆だからです。

心理学なんか学んでいるせいで
自分の心の動き(罠)まで
分かってしまうのが
嫌なのですが(笑)、

「人は変化の前にこそ
抵抗をする」
のです。

今日のセミナー中にも
そういうお話があったのですが、
人間って変わるのが怖いんですね。

しかも、自分にとって
「良い変化」であればあるほど
怖いのです。不思議ですよね?

「幸せになるために変わりたい」
はずなのに、
「幸せになるために変わる」のが
怖いのです。

怖いから、今の自分から
変わらないで済むように
無駄な抵抗をするんです。
「行きたくねえ」とかいう
思考はまさにそれです。

何でセミナー行きたくないかって、
行ったら絶対変わっちゃうのが
自分で分かっているから
ですよ。

もし自分が変わってしまったら、
今まで築き上げてきたものが
壊れてしまったり、
今ある幸せを失うかもしれない。

これまでの、
不遇で不満の残る人生が
なんだかんだ言って
安全で安心だったのです。
「どーせまたダメだ」
って言う方がラクなのです。

だから良い方向になんて
変わりたくない。
怖い。
「行きたくない」。

……ってのが分かっていたので、
ドタキャンせずに行きました。笑
(しかしやっぱり怖いので、
会場近くの赤城神社
お参りしてから行きましたけど)

で、当たり前ですがもちろん
「行ってよかった」です。

初っ端の瞑想や
公開セッション(カウンセリング)も
ものすごくよかったのですが、
私のひっかかりを
一番取ってくれたのは、
最後のイメージワークでした。

私は今まで、自分の問題は
自分独りで戦って解決(勝利)
しなければならない

考えていたのです。

友人やパートナーや家族、
私にはたくさん「大切な人」が
いたけれども、
自分の中ではずっと
独りで戦っている気分でした。

独りきりで戦っているので、
次のステージに進むには
「全員置いていかないといけない」
と思っていたのです。

大好きなパートナーも
仲の良い友人達も
親も祖父母も
自分を応援してくれる人たちも、
全員の理解の及ばない所へ
飛んでいかないとダメだ、
次のステージには進めない、と
ずっと思い込んでいました。

イメージワークの中で
「好きな人は全員連れてっていい」
という“許可”をもらえた気がして、
すごく嬉しくてまた泣きました。

私は別に、誰も理解できないような
クレイジーな人間にならなくても、
みんなを置いて
独りで戦地に赴かなくても、
ちゃんとうまく行けるのか、って。

また、この2日間
同じ会場にいた皆さんも
「戦友」と思えて、
それもすごくよかったです。

たくさん喋った方から
ぜんぜん喋れなかった方も
いたんですけど、
そういうこと関係なく、
みんな同じ戦地を乗り越えて
きたんだなーって。

(※戦地などと言っていますが、
そんな殺伐とした空気では
なかったことを補足しておきます)

ちょっと私の拙い感想で
伝わっているかどうか
わかりませんが、
ともかくこの
2日間で学んだ大事なことは
以下の6つです。

・自分は目立ってもいい、ということ
(目立ちたくなかった。金髪のくせに)

・自分の中にいるゆるふわ女子を
受け入れること

(格好いい自分でだけいようとして、
柔らかくふんわりした自分を
今まで受け入れられなかった)

・独りで戦わなくてもいいこと
(私が頑張らなければと思っていた)

・パートナーにもっと委ねること
(私がパートナーの分まで
しっかりしなければと思っていた)

・周囲の大切な人たちと一緒に
次のステージへ行けると理解すること

(次のステージに進むには
大事な人、特にパートナーを
捨てる必要があるのでは、
と思って怖くて動けなかった)

・戦友/仲間が必要だということ
(それぞれが全く同じ問題を
抱えている必要はないので、
同じ場所で同じ試練(?)を
乗り越える戦友がいると、
独りで越えられない壁も越えられる)

「仲間がいる、とか青春ごっこかよ」
「最終的には独りで戦うもの。
全て独りで乗り越えるべき」
などとどこかで思っていたのですが、
私の根本的なズレというか問題点は
そこでした。

長い間
「なぜかうまくいかない、
あと一歩足りない」
という悩みを抱えていた原因は、
【結局、誰の力も借りようと
していなかったこと】

です。

そんな気づきを得てホテルに帰り、
今週の「ドラゴン桜2」(ドラマ)
を見ていたら、

「独りで東大を目指す人間より
集団で東大を目指す人間の方が
圧倒的に合格率が高いと
実証されている」

という話が出ていて、
ハーーーーーーそれと同じ!!!
と思いました。笑

独りで受験勉強をする人間の
点数がある程度のところで
頭打ちになるのと同じで、
独りでひたすら心理学や
ビジネスの勉強をしていた私は、
まさに“ある程度のところ”で
頭打ちになっていたのです。

この記事を読んでいるあなたが
どういう状況なのかは
わかりませんが、
一緒に戦う戦友や
支えてくれる誰かはいますか?

「独りで何とかなる」
「仲間なんかいらない」は、
まあいいとして
(そう信じるならそうすればいいし)、

「仲間や支えてくれる人・
教えてくれる人は
確かに欲しいけれども、
それをお願いするお金がない」

と思っている人は
ちょっと危ないかも。
完全にかつての私です。
そこで支払うお金や時間より
はるかに多くのお金や時間を
無駄にする危険性があります。

リトリートセミナーなんて
高くて無理! と思って
チマチマチマチマ安い金額を
大量に使ってきたわー……。
早くリトリートセミナー
受けてたら良かった。

でもまあ、今のタイミングで、
今回のメンバーだったからこそ、
良かった所もあるんだと思います。
誰か一人でも欠けていたら、
誰か一人でも今回と違ったら、
きっとこの気づきはありませんでした。

あの会場にいた全員に
魅力と才能がありました。
じっくり話せたなら、全員のそれを
見つけたかったです。

本当にありがとうございました。
それでは、ごきげんよう、さようなら。

* * *

一人で解けない悩みの糸を、ほどくお手伝いをいたします

リトリート・セミナーを受けたお陰で、
またさらに自分の提供サービスが
良くなっていく予感しかしません。
ありがとうございます。

カウンセリング詳細&お申込みはこちら

無料メールマガジンやってます

心を軽くする心理学の話を
わかりやすく解説しています。

◆月〜土・大体20時配信◆
 ↓


あなたの心を心理学でスッと軽くする「ぱりことば。」

無料悩み相談はこちらへ!

匿名ブログネタ投稿フォーム

※ブログ上で回答します。
 全ての投稿を採用する訳ではありません。

※フォーム以外からのリクエストは
 取り上げませんので、ご了承ください。

LINE・SNSのお問合せ先

友だち追加

上のボタンを押すか、
LINEアプリを開き
「@palicosp」でID検索

◎Twitter @palicosp

◎Facebook @palicosp

◎Instagram @palicosp