イラストレーターは「仕事を増やすために」展示会や個展をしないこと

彼女と黒猫

プロのイラストレーターになりたい、
という方に
「今、プロになるために
努力していることはありますか?」
とおたずねすると、

「ギャラリーの展示会に
参加しています」
と答えられることが多いです。

もし、この記事を
読んでいるあなたも
展示会や個展をやる目的が
「仕事を増やすため」
「プロになるため」なら、

その方法は
ズレている可能性が高いです。

* * *

ここでいう展示会というのは、
クリエイターEXPOのような
でっかいやつじゃなくて、

ギャラリーなどで開催される
複数人の作家による
イラスト企画展ですね。

会場のツテがあったり、
レンタル料が出せる人は、
個展をする場合もあるでしょう。

わたし自身、今まで色々と
企画展に参加してきましたし、
個展をしたこともあります。

そして以前はわたしも、
「仕事が増えることを期待して
展示会に参加していた」
イラストレーターでした。

ありがたいことに、
現在わたしは
お金をいただいて
絵を描くことが
できているのですが、
(デジタルでもアナログでも)

無名の人間が
プロにのし上がったり、
継続的に仕事を
もらえるようになるために、
展示会に参加したり
個展を開くのは、

なんか違うんじゃないか

というのが正直な感想です。

* * *

もちろん、
展示会や個展がきっかけで
仕事をいただいている方も
いらっしゃると思いますよ。

ただ、どうも話を聞いていると、
そういう方は
「展示会(個展)をやる前から、
すでにある程度は有名だった」
という方がほとんどでは?
と感じています。

あとはその場に
在廊できる方のほうが
お仕事につながっているイメージ。
作品委託だけでドカーン!
みたいなのはあまり
聞いたことがないし、
自分にも経験がありません。

一見だけで誰もが振り向く
強烈な個性や才能が
自分(の作品)にはある!
と自信がある方は、
今後も展示会・個展を
されていったら
いいんじゃないかと
思いますが…。

イラストレーター志望の方って、
だいたいに奥ゆかしい方が
多いじゃないですか。

「私の絵を見て一目惚れした
ものすごい業界人が絶対に
すぐ依頼をしてくる!!」
って自信を持つ方より、

「自分の絵にとびきり
自信はないけど、
コツコツ頑張ってたら
いつかきっと誰かが
見つけてくれるといいな…」

という方のほうが
多いと思うんですよね。

そんなことないですか?笑
わたしはそうだったけどなあ〜。笑

もちろん、
「コツコツ頑張ったら
誰かが見つけてくれて
一気に有名人」とか
「知らない人が
なぜか見つけてくれて
継続的な仕事が入った!」
という事態はあります。

ただ、それを目指すなら、
展示会に出すより
Twitterとかインターネット上に
絵を上げ続けた方がいいのでは…?
と思うんですよね。

だって展示会の来場者人数より
インターネットを見ている人数が
遥かに多いですもん。

あと、そんな
「路上でライブしてたら
超有名プロデューサーが偶然
見つけてくれてプロデビュー」
みたいなのを目指すよりは、

自分から営業しにいったり
投稿・応募した方が、
少ない労力で確実に
仕事が手に入るけどなあ…

というのが、個人的な感想です。

* * *

誤解をしていただきたくないのですが、
展示会や個展がダメだって
言っているわけじゃないんですよ。

だってわたしも毎年なんらかの
企画展に参加しますもん。

でもそれ、
「今より仕事を増やすため」
では絶対にないんです。

わたしが企画展に参加する理由は、

・前からお世話になっている
 主催者さんや
 ギャラリーさんへの恩返し

・新しいつながりや交流を得るため


・企画展にでも参加しないと
 原画作品を描くきっかけがないから
(原画作品を描きたい)

・なんかおもしろそうだから

です。

参加費より売上が
少しでも上だったら上出来、
場合によっては
赤字という場合もあります。

それでも、自分が参加して
宣伝したのがきっかけで
普段お世話になっているギャラリーさんを
知ってくれた新しいお客さんがいたり、

ちょっとでも企画展が盛り上がったり、
新しいつながりができたり、
今まで描けなかったタイプの作品が
できたりしたら、嬉しいですよね。

あと企画展では売れなくても、
その後もそのギャラリーさんに
委託で置いていたら、
ある日とつぜん
海外の方が購入してくれたりとか…

出展後に作品を引き取って
自分のオンラインショップに載せたら
注文があった→完売!
てなこともあるので、
あんまり金銭的にも
「参加して損した」と
思ったことがありません。

何が言いたいかというと、
損得を考えて展示会に参加したり
個展を開いたりしても、
だんだん無意味に感じたり
嫌になるだけじゃないかな〜
と思うんです。

仕事を増やしたいなら、
営業しましょ。営業。


営業が苦手なら、
公募とかに出しましょ。

それも嫌なら、
TwitterやイラストSNSや
ブログに毎日
イラスト投稿しましょ。

仕事が入るようになったら、
「こんなお仕事しました
(できます)!」って、
SNSやブログやサイトで
紹介しましょ。

プロを目指す過程って
大体お金がないことが多いので、
その方が低コストで
お仕事が手に入りますよ。

展示会や個展をするのは、
「仕事を増やすため」
だけじゃない!
という方は、引き続き楽しんで
参加・開催してくださいね。

わたしも、今後も
そうしていきます。

ごきげんよう、さようなら。

* * *

◎イラスト・漫画・デザインの
詳細、お問合せはこちらから
イラスト業務ポートフォリオ
ご依頼・お問合せフォーム

◎クリエイターやフリーランス向け、
境界性パーソナリティ障害関連の
全国どこからでも受けられる
有料カウンセリングをしています。
詳細・お申込みはこちらから
カウンセリングサービス「ぱりことば。」

◎ブログネタのリクエストや
ちょっとした無料相談はこちらで
匿名ブログネタ投稿フォーム

◎ライター業務の詳細、
お問合せはこちらから
ライター:巴のポートフォリオ

ご依頼やカウンセリングについて
気になることやご質問などは、
お気軽にLINEやSNSなどで
おたずねくださいね。

◎LINEのお問い合わせはこちら

友だち追加

※LINEアプリ内で「@palicosp」で検索しても出てきます

◎巴(ともえ)のSNS
◎Twitter @palicosp
◎Facebook @palicosp
◎Instagram @palicosp

* * * * *

活動紹介マガジンを無料で配布しています

オンラインショップ「ぱりこしょっぷ。」