【カウンセリングご感想】イラストで収入を得たいけど、精神的な問題で難しい…(30代女性)

クリエイター・カウンセリング(メール)ご感想|ぱりことば。

わたしがカウンセリングサービスを
始めたきっかけは、
“精神的な理由でアーティスト/
クリエイター活動が思うように
できない人の手助けがしたい”でした。

境界性パーソナリティ障害の
お悩みに比べると
クリエイター向けカウンセリングの
お申込みは少ないのですが、
最近徐々に増えてきていますね。

ということで今回は
心の悩みとクリエイターの悩みで
カウンセリングを受けて
くださった方のご感想です。

めちゃめちゃ熱量のある
ご感想をいただきました〜!
ありがとうございます!!

長文のメールで平日一日一往復のやりとりが、
最初のうちは寂しく思いましたが、
その方が依存的にならず、
信頼できる距離感で逆に良かったと思います。
結果、問題ありませんでしたが、
そう感じた時期もあったというご報告です。

カウンセリングを受ける前は、具体的な仕事や集客の話をしたかったのですが
(画像データが送りやすいようにメールを選択したので)、
体調も精神面も仕事ができる状態ではなかったので、
その前段階の「創作活動がしやすくなる精神状態」に
カウンセリングでもっていけて良かったと思っています。
次回は仕事の話ができるようにしたいです。

今回、メールでのカウンセリングを受けてみて、
カウンセリングは
「セルフ・カウンセリングができるようになる訓練」
だと感じました。

カウンセリングを受けずに生きている人たちは
決して悩みや苦労がないわけではなく、
自問自答したり周りに相談したり調べたりして、
自分でカウンセリングのようなことをして
問題解決しているんだと思います。

ですが、中には考え方が偏っていたり
問題が複雑に見えてしまったり様々な理由があって、
自分一人では問題が解決しなくて
苦しくなっている人がいます。

そんな人のためにカウンセリングで
「あなただけのせいじゃないよ」
「こんな考え方もあるよ」
「あなたは大丈夫だよ」
と問題解決の手助けをしてくれるのが
カウンセラーだと思います。

私はカウンセリングのため毎日長文を打ち、
カウンセラーの巴さんの言葉を考え受け入れていくうちに、
自分の問題解決能力が上がっていくのを感じました。
それは巴さんの人柄と技術も良かったからですが、
一番は「自分で自分を救い出す」という気持ちが大切だと思います。
これに気づけたのもカウンセリングの大きな収穫でした。

巴さんのカウンセラーとしての魅力は、
自分の経験に置き換えてこちらを理解し
受け入れようとしてくれる姿勢、
時には強めにご自身の体験や考えを言う
(決してこちらを悪く言うことはない)、
時々アニメネタなど面白い言い回しをしてくれる、
男前姉さん的カウンセラーさんだと思いました。
(不快でしたらすみません)

一か月間カウンセリングをありがとうございました。
巴さんから長文で熱のあるメールを受け取り、
私とのやり取りが楽しいと言っていただけたことが
一番嬉しかったです。
また次回依頼する時はよろしくお願いいたします。
その時を楽しみにしています。

(30代女性・匿名希望)

いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こんなにありがたいお言葉を
沢山いただくと照れてしまいますね。
男前姉さん的カウンセラーですって!
聞きまして奥さん!!?
(喜んでおりますので
不快では全然ありません)

“時には強めにご自身の体験や考えを言う”
ってカウンセラーがやっちゃいけない
こととしてよく言われているんですけど(笑)、
わたしのカウンセラー理念は

「一般的なカウンセリングで
救われなくて苦しんでいる人の
サポートがしたい」


なので、一般的なカウンセラーが
しないことを“あえて”するように
心がけています。

いちおう誤解のないように
弁解させていただきますと、
「わたしはこうだったけど、
参考に聞いてもらうだけでいい
(別にその通りする必要はない)
ので、あなたはお好きにどうぞ」
というスタイルです(^^;

わたしがこうだったから
お前もこうしろ〜! とは言いません。

わたしは別に相談者さんを
支配したり、
囲って離れられないように
したい訳じゃないんですよね。

「セルフ・カウンセリングが
できるようになる訓練」
って本当にその通りで、
わたしがいなくても
楽しく生きていけるような
歩き方や飛び方を覚えて
卒業してくださったらいいな〜
と思っております。

メールカウンセリングの注意点

うちの文字カウンセリングを
申し込んでくださる方は
だいたい「LINE」を
希望される方が多いです。
(たまにTwitterのDMとか)

そのため、カウンセリングサイトでも

「LINEのやり取りは
大体1日2〜3往復」

「相談者さんの送る回数や
短文・長文かによっても
変わります」


とご案内しているんですが……

メールはやっぱりLINEに比べて
相談者さんもわたしの方も
長文を打ちやすくなるので、
1日1往復になってしまう
可能性が高いです。

今回の方も、めちゃくちゃ頑張って
ときどき1日2回返信できた
くらいでした。

短文メールの方は毎日2〜3回
送ったりできたのですが、
長文は無理っす……。

なので、1日に何回も
テンポよくやり取りをしたい方は、
LINEカウンセリングの方がおすすめです。

逆にじっくりと長文を書きたい方、
そしてわたしの返信(長文)を
じっくり読みたい方は、
メールの方が向いていると思います。

まあでも、LINEでもものすごい長文
送ることあるんですけどね(わたしが)。笑

メールカウンセリングを
ご検討の方は、
上記ご了承くださいませ。

ではでは、本日はこの辺りで!
ごきげんよう、さようなら。
 

境界性パーソナリティ障害関連、クリエイターやフリーランス向けのカウンセリングを行っています

オンラインカウンセリングサービス「ぱりことば。」
画像をクリックすると飛びます!


◎ちょっとした無料相談や
ブログネタのリクエストは下記へどうぞ。
匿名ブログネタ投稿フォーム
※フォーム以外からのリクエストは
 一切採用いたしません。

◎イラスト・漫画・デザインの
詳細、お問合せはこちらから
イラスト業務ポートフォリオ
ご依頼・お問合せフォーム

◎ライター業務の詳細、
お問合せはこちらから
ライター:巴のポートフォリオ

ご依頼やカウンセリングについて
気になることやご質問などは、
お気軽にLINEやSNSなどで
おたずねくださいね。

◎LINEのお問い合わせはこちら
※LINEでの無料悩み相談は受け付けておりません

友だち追加

または、LINEアプリを開き
「@palicosp」でID検索

◎巴(ともえ)のSNS
◎Twitter @palicosp
◎Facebook @palicosp
◎Instagram @palicosp

* * * * *

活動紹介マガジンを無料で配布しています

オンラインショップ「ぱりこしょっぷ。」