noteで10万円近く売り上げた話

noteで10万円近く売り上げた話

今日はみんな大好きお金の話です。

猫も杓子も
「どうやって簡単にお金を稼ぐか」
で悩んでいるので、
今日はそんな方のために
noteを使って(大して宣伝もせず)
10万円近く売り上げた話を書きます。

そもそもnoteとは何か

note株式会社が運営している、
デジタルコンテンツ配信用サイトです。

あれ、株式会社ピースオブケイクじゃ
なかったっけ? と思ったのですが、
どうも2020年4月に改名していたようですね。

わたしはcakesの方が
先に知っていたのですが、
cakesよりもnoteの方が人気が出たのかな……

デジタルコンテンツというと
YouTubeのような動画を
イメージされる方も多いかもしれませんが、
noteでは
文章、写真、イラスト(漫画)、音楽、
映像などあらゆるジャンルの
作品を発表することができます。

誰でも気軽に無料公開できますが、
作者が「これは有料にしたい!」
と思ったら有料記事として
販売することも可能です。

わたしが今回10万近い売上を
叩き出したのは、
この「有料記事」のおかげです。

実際の売上管理画面

「10万近く売り上げた」
と言っただけでは
信じてもらえないのが
インターネットだし、
実際売れてもいないのに
「〇〇万円売り上げました!」
と平気で嘘をつく人がいるのも
インターネットです。

ということで、
わたしの売上管理画面を
公開します。

note売上管理画面

さっき電卓で計算したんですが、
合計96400円でした。
どうせなら10万円超えてから
記事を書けばいいのに、
それをしないのがわたしです。

「10万近く売り上げた」と言っても
ひと月で達成した訳ではなく、
コツコツコツコツ売り上げて
9ヶ月くらいかけての結果です。

※有料記事を公開したのは
2019年11月なので、
その前の1000円は「サポート」
としていただいたものです。
noteは有料記事を公開しなくても
善意のサポート(応援金)を
いただくことがあります。

※ちなみにnoteは
手数料が取られますので、
実際わたしの手元に入ってくるのは
もちろん上記金額より少ないです。

「なーんだ、1ヶ月で
10万じゃないのかよ!」
と思った人は、
もっとお金の大事さを
学んでから来てください。
1円を笑うものは1円に泣くし、
10万円を嘲笑うものは
10万円で号泣します。

ただわたし、noteは全然
真面目にやってなくて、
たった2本有料記事を書いて
ほぼ告知も宣伝もせずに
放置していたらこういう感じでした。
ほとんど不労所得。

不労所得で年間の売上が
10万円も上がったらいい方では??

もっと真面目にやったら
もっと売り上げが出る気がします。
そこを真面目にやらないのがわたしです。

こんな記事を
書いておいてなんですけど、
そもそも売上のために
やったんじゃないので……。

実際どんな記事を書いたのか

知っている人はすでに
ご存知だと思いますが、
自分が過去わずらっていた
病気(精神障害)を
テーマに書きました。
 ↓

境界性パーソナリティ障害と過ごした半生と、自己治療&周囲の対応ポイント【前編・10歳〜24歳までの話】|巴|note

わたしは10歳から34歳までの24年間、境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)という精神障害でした。(英名:Borderline personality disorder/略称BPD、ボーダー、境界例) 「でした」というのは、もう寛解(かんかい・症状がおだやかになること)して、その症状がほとんど出てこなくなったからです。 わたしは投薬・通院をやめ、周囲の力を借りながらの自己治療で現在の状況まで持って行きました。 わたしが最後に受診した心療内科の先生曰く、この精神障害に「完治」はないそうです。なので、たまに少しそれっぽい傾向は出てきます。 しかし、一番ひどかった時のようにはもう

境界性パーソナリティ障害と過ごした半生と、自己治療(寛解)&周囲の対応ポイント【後編・25歳〜36歳現在の話】|巴|note

わたしは10歳から34歳までの24年間、境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)という精神障害でした。(英名:Borderline personality disorder/略称BPD、ボーダー、境界例) 「でした」というのは、心理学と自分の病について学び、対処法を研究・実践し、現在その症状が99%出なくなっているからです。 専門用語でいうと寛解(かんかい/症状が和らぐという意味)ですね。 現在は資格を取り、イラストライター兼心理カウンセラーとして仕事をしています。カウンセラー業を始めてから、この精神障害に苦しむ当事者さんやそのパートナーさんからご相談を多数いただくようになりま

前編が300円、後編が500円。
前編は無料公開分が多いのですが、
全部で14000字程度。
後編は13000字近くです。

何しろ初の有料記事だったので、
とりあえず前編を安価な300円にして、
気に入ってくださった方が
後編も購入できるような構成にしました。

有料にした理由は、
自分のこれまでの人生を
削りに削って赤裸々に書いたので、
800円くらいもらってもいいじゃん、
という安易な発想からです。

正直、出した当初は
「10人くらい購入してくれたら
ありがたいな」くらいの気持ちでした。

noteはお金を払うのに抵抗がない人が多い

わたしはこれまで
ありとあらゆるSNSで
「とにかく無料で何とか
してもらおうとする人」
を見て来たのですが、
なぜかnoteユーザーは
“お金を払うのに抵抗がない”
人が多いです。

実際わたしも、
noteの有料記事なら
数百円〜1000円台のものまで
ポンポン買ってしまいます。

で、「買わなきゃ良かった!」
と思う記事に出会ったことは
今のところありません。

わたしの記事に対して
「買わなきゃ良かった!」
と思う人がいるかどうかは
知りませんが、
ときどき寄せられる感想には
「読んで良かった」
というものが多いので、
まあ、たぶん大丈夫なんじゃ
ないでしょうか。

「買わなきゃ良かった!」
って思う人は
おそらく300円の前編だけ買って
やめてますし、
「まあでも、
300円くらいならいいか」
と思うだろうからです。

「自分も有料記事を
書いてみたいけど、
もし読者さんになんか
言われたらどうしよう……」
と不安に思う方は、
100円くらいから売ってみたら
どうでしょうか。

1円を笑うものは
1円に泣くけど、
100円でクレームを言うものは
心の器が狭すぎるので
相手にしなくていいです。
(そもそもそんな人は
noteの有料記事買わないと思う)

売れる記事を書くには

正直言って、どうして自分の記事で
10万円近くも売り上げられたのか、
正確な理由はさっぱりわかりません。

なので、
「おそらくこうであろう」
というコツを
書いてみようと思います。

かっこわるい自分をさらけ出した

かっこわるい自分をさらけ出せる人は
好感を持たれることが多いな、
と思います。
というか、わたし自身が
そういう人を好きなのですが。

もしわたしの有料記事が、
自分をかっこよく見せようと
必死になっている
ナルシスト記事だったら、
こんなに購入してもらえなかった
かもしれません。
(まあ、今の記事もある意味
ナルシスト記事だと思うけど)

だいたい人気のないブログとかは
執筆者が妙にかっこつけている
ことが多いです。
かっこつけるのをやめましょう。

誰かの役に立つことを考えて書いた

わたしはこの有料記事を、
同じ病で苦しんでいる人や、
病を治そうとしている当事者さんを
サポートする周囲の人の
役に立ったらいいなと思って書きました。

それは物理的(現実的?)に
役立つとかだけじゃなくて、
「読んでホッとしてもらえる」
だけでもいいな、と思って書きました。

実際に「この記事を読んで、
自分だけじゃないって思えた」
というご感想もいただいています。

どんな文章を書けば
人の役に立てるのか、
それを考えて書きましょう。

安価な記事でワンクッション置いた

自分としては自信がある記事でも、
無名の人が書いた1500円の記事を
いきなり買う人はあんまりいません。
(Twitterでバズってたり
とかしたら別だけど)

まだnoteで1回も記事を
公開していない人は、
無料記事をいくつか書いて
自分の芸風を見せてみたり、
安価な有料記事で
ワンクッション置くのがいいと思います。

もし読者さんが
「なんだ、この程度の記事か」と思っても、
「まあ100円ならいっか」と思えるように。

有料記事の前説になるような記事をすでに書いていた

わたしは当ブログや
旧ブログで、何年も前から
今回の有料記事のテーマ
「境界性パーソナリティ障害」
について記事を書いています。
(SNSだとTwitterでも)

なので、ブログからnoteへ
流れて行った人もいるような気がします。
noteだけに頼らず、そういう流入ルートを
あるていど作っておくのも手ですね。

検索に引っかかりやすくした

これは普段のブログ記事でも
やってることなんですけど、
タイトルを検索に引っかかりやすい
ものにしています。

あとnoteはタグがあるので、
同じ病の人が見つけやすいように
タグもつけました。

正直、タグよりはタイトルの方が
重要かなあと思います。

実際、検索でnoteの記事を
見つけた企業さんから
ワークショップに呼ばれたり
していますしね。
 ↓

このワークショップで
報酬もいただいているので、
よく考えたらnoteに有料記事を
書いた効果で得た売上って、
10万円どころじゃないのでは……
と今思いました……。

「とりあえずやる」ができない人は売れない

さて、この記事を読んで
「でも巴さんは〇〇だから
10万近くも売り上げたの
かもしれない……」
「巴さんは才能があるから
うまくいったんだ……」
「自分なんかがやっても……」
と思って何もできない人は、
まず売れません。

そりゃ売ってないから
売れないのは
当たり前なんですけど(笑)
とにかく実際に動いてみないと、
「結果」は出ないもの
なんですよね。

noteなんて出すのに使うのは
自分の時間くらいだし、
それ以外のリスクはありません。
ノーリスクなら
とりあえずやってみればいいのです。

お金が手にできない人って
だいたいみなさん
「とりあえずやる」
ができない人だなあ、
と思っております。
(ズバーン!!)

まあ、何の策略もなく
「とりあえずやる」人や
やってみて反省も学習もせず
「とりあえずやる」を
繰り返しているだけの人も
お金がなくなっていくん
ですけどね。
(ズババーン!!)

個人的には、
noteで収入を得るのに
特別な才能はいらない、
と思っています。
文章力を磨く努力とか、
どうしたら読まれるかという
勉強をする努力とかは
いると思いますが、
1000人に1人の逸材!
みたいな才能がなくても
有料記事は売れます。

ちなみにわたくしの運営している
カウンセリングでは、
フリーランスでやっていくお悩みや
副業に関するお悩みも
うかがっておりますので、
気になる方はお気軽にどうぞ。

ブログ集客のノウハウや
文章でお金を得る方法なども
カウンセリング内で
おたずねいただければ
普通にお答えします。

ただ「でも…」「だって…」と
言い訳して何にもやらない人は、
カウンセリング受けたからって
お金を得られるようにはなりません。
わたしはノウハウや
自信のつけ方はお伝えしますけど、
最終的に頑張るのは自分ですので。

うちの仕事系カウンセリングは
「どんなことをしてでも
今より良くなってやるッッ!!」
という熱血硬派な方に
おすすめです(笑)。

* * *

最後に、noteにてわたしの
有料記事をお買い上げ
くださったみなさま、
あたたかいお言葉を
くださったみなさま、
本当にありがとうございました。

みなさまのおかげで、
この記事が書けました。

ごきげんよう、さようなら。

クリエイター・フリーランス向け&パーソナリティ障害関連のカウンセリングを行っています

オンラインカウンセリングサービス「ぱりことば。」
画像をクリックすると飛びます!
上記以外のお悩みでもどうぞ。


◎ちょっとした無料相談や
ブログネタのリクエストは下記へどうぞ。
匿名ブログネタ投稿フォーム
※フォーム以外からのリクエストは
 一切採用いたしません。

◎イラスト・漫画・デザインの
詳細、お問合せはこちらから
イラスト業務ポートフォリオ
ご依頼・お問合せフォーム

◎ライター業務の詳細、
お問合せはこちらから
ライター:巴のポートフォリオ

ご依頼やカウンセリングについて
気になることやご質問などは、
お気軽にLINEやSNSなどで
おたずねくださいね。

◎LINEのお問い合わせはこちら
※LINEでの無料悩み相談は受け付けておりません

友だち追加

または、LINEアプリを開き
「@palicosp」でID検索

◎巴(ともえ)のSNS
◎Twitter @palicosp
◎Facebook @palicosp
◎Instagram @palicosp

* * * * *

活動紹介マガジンを無料で配布しています

オンラインショップ「ぱりこしょっぷ。」