【背景イラスト】なぜあなたは背景が苦手なのか(制作過程002)

背景ラフとペン入れ

今年でイラストレーターを始めて
10年目になるのですが、
昨年くらいまでかなり
背景に苦手意識がありました。

なぜなのかまとめましたので、
お役に立てれば嬉しいです。

* * *

昨日の記事
「女子高生の絵を
描き始めました」
と言ったんですけど、
やっぱり背景も入れたいな
と思ったので、背景も
描くことにしたんですよ。

実は昨年くらいから、
細々と背景描きを勉強
しておりまして。

本を買ったり動画を見たり
していたんですけど、
「なぜこんなに背景に対して
苦手意識があるか」が
やっと分かりました。

以下の5点が大きな理由です。

* * *

・たまにしか描かない
…たまにしか背景を
頑張って描かないので、
いつまで経っても
「面倒臭そう」感が
抜けないのです。
何回も描いているうちに
「慣れ」が出て、
めんどくさくなくなるのに……。

・絵が上手い人は頭の中で背景を
構築していると思っている
…一般の人は
「絵が上手い人は
何も見ずに描ける」と
思い込みがちですが、
それの背景Ver.です。
上手い人ほど資料を見ています。

・資料を細かく描きすぎ
…「じゃあ」と思って
資料写真を見て描き始めますが、
背景描写テクニックを知らないので、
とにかく資料写真を細かく
再現しようとしてしまうのです。
「こんなに細かく描くなら
写真でいいじゃん」
「こんなに細かく描くの、
時間かかるしめんどい」
と思い、挫折します。

・上手い人から技術を学ばない
「問題を解決したいなら、
すでに解決している人に話を聞け」

とわたしは常々考えていますが、

なぜか背景に関しては
「上手い人から技術を学ぶ」
という考えがスッポリ
抜け落ちておりました。

・学んだ知識を実践しない(一番重要)
…とりあえず背景が上手い人の
無料動画を見てみよう!
本を買って読んでみよう!
と思って勉強しているだけでは、
人は苦手意識を克服できません。

わたしは心理カウンセラーの
資格を取る時に、
「心理学の知識は、
ただ学んで知っているだけでは
何の意味もない。
実践した時にこそ、
初めて役に立つのだ」
と学びました。

もう絵の世界も全く同じです。
いや、心理学とか
絵とかに関わらず、
世の中ほとんど全ての
ことがそうです。

「学んで知った知識を、
実践しないと何も変わらない」

* * *

まあもっと大事なのは、
「勉強しよう、実践しよう」
と思えるような
メンタルの整え方を
することですけどね。

ということで、
背景頑張りまーす。
ごきげんよう、さようなら。

次の記事

* * *

直近のイラスト業務実績
&制作サンプル
 ↓
イラスト・デザイン制作|ぱりこ/巴の業務実績

ぱりこ(巴)のウェブサイト
(全業種の入口があります)
 ↓
https://palicosp.com/