パートナーの中に見える問題は、自分も持っている問題—心理学用語「投影」をわかりやすく解説

恋人や夫(妻)の中にある
問題に気づいたら、
それを何とかしてあげたく
なるのが人情だと思います。

しかし、パートナーの中に
見える問題は、
実は自分自身が抱えている
問題なのです。

* * *

心理学用語に「投影」と
いうものがあります。

これはヒトが自分を
守ろうとする時に起こる、
心の反応の一種です。

自分自身のコンプレックスや
認めたくない悪い面などを
感じた時、
自分以外の誰かに
それを押し付けてしまい、
自分自身の問題から
逃れようとする……

これが「投影」です。

“自分以外の誰か”は
誰でもいいのですが、
家族やパートナーなどで
起こりやすいようですね。

ちなみに
「良い(魅力や能力の)投影」
もあるのですが、
「悪い(問題点の)投影」
の方がよく起こります。

* * *

ここまでの説明では
わかりにくいと思うので、
ちょっと例を出しましょう。
つい最近起こった、
わたしの実体験です。

ここ数日、引っ越しの作業で
てんやわんやしているのですが、
その中でわたしは
自分のパートナーに
ある傾向(問題)を感じました。

「この人は、
相手(恋人や家族や会社)を
優先するあまり、
自分をどんどん
犠牲にしてしまう」


というものです。

以前から当ブログをご精読の方は
ご存知かと思いますが、
言うてるわたし自身が
「自己犠牲」の傾向があります。

※この辺の記事でも書いてますね。
 ↓
カウンセリング始めました。自己犠牲やめました。

なのでわたしはここ数年、
「めっちゃ自分大切にするぞ〜!」
「わがままになるぞ〜!」
「自己犠牲はもうやめだ〜い!」
と思いながら生きていたのです。笑

だから、最初はこう思いました。

「わたしはもう自分を大切に
できるようになってきたのに、
この人はいつまで
自己犠牲をしとるんじゃ……
もっと自分を大切にしてよ……」
と。

でも引っ越しのバタバタが終わって、
冷静になってふと気づきました。

「投影じゃん!」って。

よくよく振り返ってみると、
確かに昔に比べたら
かなり自己犠牲は減ってるけど、
まだまだ自己犠牲が残っている
所があるぞ! と気づいたのです。

もちろんパートナーに対しても、
「この人が気持ちよく過ごせるように、
わたしがいっぱい頑張らなきゃ!」
と思っていることが
すごーくありました。

つまり、お互いがお互いを
大事に思いすぎた結果、
どちらも自分をないがしろに
していたのです。

でね、好きな人が
わたしを好きなあまりに
自分自身をないがしろに
していたら
嫌じゃないですか。

「そんなに頑張らなくて
いいのに……。
自分が頼りないから、
足りない所があるから、
こんなに頑張らせてしまうのかな」
って罪悪感が出てきたり、

「あんなに頑張ったら
体を壊したり、
事故にあったりしないかな。
大丈夫かな」
って心配するじゃないですか。

というのをね、
わたしとパートナーは
お互いにやっていたのです。

* * *

人間は、相手の中に
問題を見つけると
相手を矯正しようと
してしまう生き物
です。

しかもそれが好きな人なら
なおさらです。
「この人に幸せになってほしい」
「この人にもっと
良くなってほしい」
と思うあまり、
相手の問題を直してあげたい、
と考えるのです。

でもそれ「投影」なので、
本当に向き合うべきは
「自分自身の問題」
なんですよね。

だからわたしも、
彼の自己犠牲を
直させようとするより、
まず自分自身の自己犠牲を
今以上にもっと
やめようと思いました。

自分ではかなり自己犠牲を
やめていたつもりだったけど、
「投影」が出るってことは
まだまだ全然足りてないぞ〜!
もっと自由になれ〜!
なっていいぞ〜!
ってことだと思うので。

* * *

なんで「投影が起きている」と
言い切れるかと言うと、
ちゃんと理由があります。

まず人間ってみんな、
多くの問題を抱えている
ものですよね。
欠点が一個だけ、って人は
いないはずです。
(そう見える人はそう見せてるだけ。
あるいは自分がそういう視点で
相手を見ているだけ)

わたし自身、パートナーの中には
いろんな
「しょうがないなあ、この人は」
と思う問題を見つけます(笑)。

でもね、今回の
「自己犠牲」以外の
問題に対しては、
ほとんど気にならないのです。
それこそ
「しょうがないねえ〜」
「まあいいか〜」
で済まされます。

なんで「自己犠牲」の部分だけ
感情が揺さぶられたり、
「直してほしい!」って
思うのかというと、

“自分もその問題を
抱えていて、
自分の中のそれが

共鳴しちゃうから”
です。

彼が鏡になって
わたしの抱えている問題を
見せつけてくるので、
「やめて〜! 見せないで〜!」
となるのです。
だから、彼の問題を
直したくなるのです。

自分自身の問題に
向き合うのって、
苦しいじゃないですか。
できればやりたくない
じゃないですか。

っていうか、
自分の方が正しいと
思いたいじゃないですか。
年取れば取るほど。

「こんなに歳を重ねたんだから
(こんなに経験したんだから/
こんなに勉強したんだから/
こんなに自分と向き合って
きたんだから)
もういい加減大丈夫でしょ」
って思うじゃないですか。

だから投影が起きるんです。
「相手が間違ってる、
相手を直したい」と思うんです。

でもやっぱり
一番向き合うべきは、
「自分の抱えている問題」
ですよね。

* * *

ちなみに「投影」は
今回のようなわかりやすい
例だけではなく、
ちょっとめんどくさい
(屈折した)形で出てくる
こともあるので、
ご注意くださいね。

鏡っつーのは
光をゆがめるものですからねえ。

あ、そうそう、
自分の問題に向き合って
改善していくと、
なぜか相手もつられて
改善されることがあります。

実際、わたしが
「自己犠牲やめるぞー! おー!」
となってから、
パートナーの自己犠牲も
かなり和らいできてますしねえ。
(冷静に考えると、昔はもっと
自己犠牲してたわ……あの人……)

ただし、
「あの人を変えるために、
自分を変えるぞ!」
と思っていると
絶対にうまくいかないので、
そこんとこヨロシク!

それでは本日はこの辺りで。
ごきげんよう、さようなら。

* * *

無料メールマガジン

心を軽くする心理学の話を
わかりやすく解説しています。

◆月〜土・大体20時配信◆
 ↓


あなたの心を心理学でスッと軽くする「ぱりことば。」

有料カウンセリング

オンラインカウンセリングサービス「ぱりことば。」
画像をクリックすると飛びます!

無料悩み相談

匿名ブログネタ投稿フォーム

※ブログ上で回答します。
 全ての投稿を採用する訳ではありません。

※フォーム以外(LINEなど)からの
 リクエストは取り上げませんので、
 ご了承ください。

LINE・SNSのお問合せ先

友だち追加

上のボタンを押すか、
LINEアプリを開き
「@palicosp」でID検索

◎Twitter @palicosp

◎Facebook @palicosp

◎Instagram @palicosp