ホームランを打ちたい、病んでいる女子中学生

カウンセラーの話が聞けなかったのは、逆転ホームランを打ちたかったからだった

わたしは心の病絶頂期だった時に、
「病院もカウンセリングも意味がない」
と思っていた人間です。

しかし今日突然、
天啓にうたれたように

「あー! わたしが病院や
カウンセリングに救われなかったのは、
“一発逆転ホームランを打つことしか
考えていなかった”からだ!」

と気づきました。

ぱりことばカウンセリングご感想

【カウンセリングご感想】アスペルガーと仕事の悩みが、モノづくりの趣味によって解決した(30代男性)

当カウンセリングには
アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)や
ADHDに悩む方からのお申し込みもあります。

先日、最初はアスペルガーと
仕事についてのお悩みだったのに、
「クリエイター・カウンセリング」へ
途中から移行し、しかも悩みが解決した!
…という初めての事例がありました。

カウンセリング相談ご感想

【カウンセリングご感想】「元彼がパーソナリティ障害かも?対応を知りたい」女性のお悩み

わたしは約6年前から
境界性パーソナリティ障害について
ブログ記事を書いています。
(自分がそうだったのと、
自力で克服したため)

そのためか、
「自分ではなく、相手が
境界性パーソナリティ障害の様に思える」
「どう対応して良いかわからない」
というご相談を度々いただきます。

LINEリアルタイム相談受付開始(2020年2月)
LINEリアルタイム相談やります
ビジネス・宣伝・広告漫画制作おまかせください
境界性人格障害・カウンセリングご感想

【カウンセリングご感想】「境界性人格障害を治して、自分の力で生きていきたい」20代女性のお悩み

わたしは元々
「境界性パーソナリティ障害」
という精神障害にかかっていて、
自力でそれを克服しました。

そのためか、当カウンセリングには
「境界性パーソナリティ障害」や
それに似た精神的な問題で
申込みをされる方が多いです。

今回ご感想を紹介する
あーやんさん(大阪在住/20代女性)も、
そんな相談者さんのひとりでした。