「与える」意識でSNS運用・仕事・創作活動がうまく行く

SNSやブログ運用で大事なこと|猫のイラスト

頑張っているのにうまく行かない、
自分の活動が人に知ってもらえない
とお嘆きの方、
「与える」を意識せずに
「奪う」意識になっていませんか?

「与える」を意識しただけで
状況がよくなることがありますよ。
今日はそんなお話です。

* * *

先日、ひょんなきっかけから
ノウルさんのこのツイートを
拝見しました。

ノウルさん自体は有名な方なので
Twitterをやっている方なら
大体知ってるのかなーと思いますが…
(ノウルさんを知らなくても、
本アカウントの
ナナチル@アダルトチルドレン
さんを知っている方は多そう)

わたしもお名前だけは
知っていたのですが、
正直、このツイートを見ても
「またフォロワーが増える
指南書系か〜」
と思っただけでした。
(すみません)
(そういうの世の中に
 いっぱいあるので…)

とはいえ、
自分が知らないことも
書いてあるかも知れないし、
まずは読んでみよう…
と思って読み進めたんです。

そして、
「先入観だけで
読むのやめなくてよかった」
と思いました。

この部分がとても
ためになったからです。
 ↓

「どんな自分が、誰に、何を伝えて、どうさせたいのか」。
魅力的な発信をするには、まずこの一文を埋めてみようということです。

初心者でもできるTwitter運用の実践書(ノウル@ついったーの人)

これ、SNSやブログ運用に当たって
わたしもうっすら考えてはいたんですけど、
きちんと文章化したことがなかったんです。

いざ文章化してみて、びっくりしました。
「自分はそんなことを考えていたのか」と。

で、そこがハッキリすると、
ツイートネタもブログネタも
イラストを描くモチベーションも
バンバン出てくることに気づいたのです。

(その代わり、
「えっ、じゃあこんな事しても
意味ないじゃん」って
モチベーションが下がったものも
あったけど。笑)

そして、これって
心理学で言うところの
「奪う」と「与える」にも
関係するな、と思いました。

* * *

“自分の持つ
個性や能力を使って、
人に何かメッセージを伝え、
(大体は前向きな)
アクションをさせる”

って、「与える」ことだと
わたしは思うんですね。

しかし、
「仕事が来ない」
「ブログ閲覧者が増えない」
「フォロワーが増えない」
と嘆いている方って、
“与える”意識よりも
“奪う”意識のほうが強い
ように感じるんです。

「仕事(お金)欲しい」
「ブログ見に来て欲しい」
「フォロワー(ファン)欲しい」
って、欲しい欲しいばかりで
全部“奪う”なんですよね。

一方、“与える”意識の方って
「自分の能力で、どんな人のために
どんな役に立てるか」
(=結果、仕事の依頼につながる)
(=または、その能力に
 お金を支払ってもらえる)

「自分のブログを読むことで、
どんな前向きな効果を与えられるか」
(=その発信によって良い気持ちに
 なった人が愛読者になる)

「自分をフォローすることで、
どんなメリット(情報や価値観など)
が与えられるか」
(=そのメリットを
 受けたい人がフォローする)

…などを必死で
考えていると思うんです。
“奪う”じゃなくて
“与える”なんですね。

わたしは旧ブログで
「人に応援してもらいたいなら、
まず自分から応援しましょうよ」
っていう話を書いたのですが、
これも“奪う”と“与える”に
つながります。

“奪う考えより与える考えが大事”
ってわかっていた
つもりだったのですが、
まだまだ、自分には
「与える」意識が
足りなかったんだな〜
と反省しました。

ということで、
なんだかうまく行かない方は
「自分は“奪う”考え方に
なっていないか?」
というのをぜひ
振り返ってみてくださいね。

(あと、これもノウルさんの
 記事に書いてありますが、
「あきらめずに継続」
 も大事!)

ごきげんよう、さようなら。

* * * * *

記事執筆やイラスト・デザイン・
漫画のご依頼は下記メールフォームか
LINEでお問合せください。
まずお見積もりをお出しします。
※SNSからのお問合せもお気軽に!
 ↓
【ご依頼・お問合せフォーム】

LINEのお問い合わせはこちら

友だち追加

※LINEアプリ内で「@palicosp」で検索しても出てきます

* * * * *

◆ともえのSNSもフォロー/いいねお願いします◆

◎Twitter @palicosp

◎Facebook @palicosp

◎Instagram @palicosp


◆◆ともえの活動&企画◆◆

無料マガジン「ぱりこれ。」申込

イラスト業務のポートフォリオサイト

ネコイラスト雑貨の通販してます!