クリエイターよ、自由であれ!クレパスイラストに込める思い

クリエイターよ、自由であれ!クレパスイラストに込めた思い

企画展用の作品を
モリモリ制作中なのですが、
今回初めて「クレパス」で
作品を描いています。

あえて描きにくいクレパスを
選んだのは、
「クリエイターにもっと
自由になってほしい」という
思いからでした。

クレパスイラスト1

わたしは現在カウンセラー業も
やっているのですが、
その中にはクリエイター向けの
カウンセリングもあります。

そうすると、別にわたしに
申し込んでいる訳でもない
クリエーターさんの悩みも
よく目につくようになりました。

みなさんほぼ
悩みは共通しています。

「お金をかけていい道具を
買わなければいけないのでは」
「もっと完璧な絵を描かなければ」
「自分には技術が足りない」
「自分には知識が足りない」
「才能がないのではないか」
「こんなものを出したら
恥ずかしい思いをするのでは」
「失敗するのではないか」
「成功したとしても、
そのあとどうするのか」

もちろんわたしにも
そういう悩みはありましたし、
今もふと頭をよぎることはありますが、
「創作」とか「ものづくり」って
そもそももっと自由だったんじゃ
ないでしょうか。

確かに、「プロ」とか
自分の創作物でお金を
もらえるようになろうと思ったら、
さまざまな試練はあります。

しかし、実際に起こる試練より
むずかしく考えすぎじゃない?
とも思うんです。

もっと簡単に考えろ、
もっと創ることを楽しめ、
もっと自由であれ!

そんなメッセージを、
クレパス作品を通じて
お届けできればと考えています。

* * *

どうしてわたしが
クレパスを使おうと
思ったかというと、
今のわたしに創作の
エネルギーをくれているのが、
「自分が描いたクレパスの絵」
だからです。

クレパスのイラスト

この絵は、わたしが
アーティスト・デートの一環で
描いたものです。

完璧主義の自分をぶち壊すため、
子どもの自分を楽しませるため、
クレパスを買ってきて
力いっぱい描きました。

この絵は今、
仕事部屋の壁に貼ってあります。

写真はありませんが、
クレパスで塗った「ぬりえ」も
最近追加で貼りました。

この絵を見ていると、なぜか
力がわきあがる気がします。

「もっと自由でいいぞ」
「完璧なんか目指さなくていい」
「楽しくやってもいいんだ」
「自分の中にいる
“アーティストの子ども”を
呼びおこせ」

そんなメッセージが飛んでくるようです。

ならば、わたしのクレパス絵を
同じように部屋へ飾った人にも、
同じ効果が出るんじゃないか?
と思い立ちました。

* * *

クレパスのいいところは、
「完璧」に描くのが
ひじょうに難しい、
というところです。

たとえばアクリル絵の具は、
少しはみ出したり
色がイメージと違っても
上から塗りつぶすことができます。

水彩にしろアクリルにしろ、
絵の具ならば混色して
「自分のイメージに近い色」を
作り出すことができる。

クレパスは失敗したら
ごまかすのがむずかしい。
薄い色の失敗なら
濃い色で塗りつぶすことも
できますが、
濃い色で失敗したら終わりです。

また、クレパスも一応
「混色できる」特徴をもっていますが、
絵の具のそれとは程遠いです。

しかしクレヨンもクレパスも、
「小さな子どもでも使える画材」です。

水彩絵の具やアクリル絵の具を
使えない年齢の子どもでも、
クレヨンやクレパスでなら
絵が描けます。

イラストレーターの知識とか
技術とかプロ意識とかなくても、
自由に絵を描くことができます。

完璧に描くのはむずかしいのに、
誰にでも使える「簡単な画材」なのです。

クレパスイラスト2

最初、わたしは
「子どもでも使える画材で
描いたものを作品として
出していいのか」
「というか、そんなものを
売ってもいいのか」
と思い、なかなかクレパスでの
作品制作ができませんでした。

(あとで知りましたが、
クレパスはプロでも使うくらいの
画材だったようです。知らんかった)

でも、まず自分がその制約から
自由になれたら、
他のクリエイターにも、
いや、クリエイターじゃない人にも
自由を分けられるんじゃないか、
と思いました。

わたしだって自由にやってる、
あなたも自由にやっていい、と。

もちろんそのメッセージを
受け取らない・受け取れない人も
いるでしょう。
そんなものはかまわない。
100人全員に自分のメッセージが
届く訳ないことは、
もうずいぶん前から知っています。

だけど誰かひとりでも
受け取ってくれるかもしれない。

企画展に出して、
SNSやブログを使って
インターネット上に出して、
たくさんの人に見てもらえば
そのうちの何人かくらいは

「自分も自由にやってみよう」
「自分も自由になっていい」

と思ってくれるんじゃないでしょうか。

クレパスイラスト3

まあ、そんなことを考えながら
作品制作をしていますが、
正直そんなメッセージ性をしらなくても

「わあ、かわいい〜」

だけで購入してもらったり
かざってもらったりしても
いいと思っています。笑

日本人はどちらかというと
作品に隠されたメッセージ性とか
作者の人柄とかエピソードとかに
重点を置きやすいのですが、
そもそも絵なんて
パッと見て「いいな」と思ったのを
買ったり飾ったりすれば
いいですからね。

ごきげんよう、さようなら。

※額装前の状態を公開しましたが、
企画展当日はちゃんと
額装して展示します。
  

今回の絵を出品する企画展

2020年7月17日(金)~7月29日(水)
企画展 「花 太陽 猫 〜flower/Sun/Cat〜」

会場/猫雑貨&猫ギャラリー「猫の額」
〒166-0002  杉並区高円寺北3-5-17

営業時間/12:00~20:00 木曜定休(祝日は営業)

猫の額公式サイト/
http://www6.speednet.ne.jp/~nekojarasi/

現地に行けない方は、オンラインショップをお楽しみください

企画展終了後、返ってきた作品は
オンラインショップで販売します。
過去に描いた原画作品もご覧ください!

オンラインショップ・ぱりこしょっぷ。
画像を押すとショップページへ飛びます

* * *

◎イラスト・漫画・デザインの
実績や料金表、お問合せはこちら
イラスト業務ポートフォリオ
ご依頼・お問合せフォーム

◎ライター業務の詳細、
お問合せはこちらから
ライター:巴のポートフォリオ

◎ちょっとした無料相談や
ブログネタのリクエストは下記へどうぞ。
匿名ブログネタ投稿フォーム
※フォーム以外からのリクエストは
 一切採用いたしません。

クリエイターやフリーランス向け、
境界性パーソナリティ障害関連の
全国どこからでも受けられる
有料カウンセリングをしています。

詳細・お申込みはこちらから
カウンセリングサービス「ぱりことば。」

ご依頼やカウンセリングについて
気になることやご質問などは、
お気軽にLINEやSNSなどで
おたずねくださいね。

◎LINEのお問い合わせはこちら
※LINEでの無料悩み相談は
 受け付けておりません

友だち追加

または、LINEアプリを開き
「@palicosp」でID検索

◎巴(ともえ)のSNS
◎Twitter @palicosp
◎Facebook @palicosp
◎Instagram @palicosp

* * * * *

活動紹介マガジンを無料で配布しています