【カウンセリングご感想】夫や娘に怒りをぶつけてしまう…出産前の穏やかな性格に戻りたい(20代女性)

通話ありカウンセリング(ライトプラン)のご感想

わたしが境界性パーソナリティ
障害の症状として挙げている
「パートナーや家族に
尋常でない怒りをぶつけてしまう」
にお悩みの方は多いです。

今回はそんなお悩みをお持ちの
Hさん(20代女性/東京都)から
通話あり1ヶ月コース・
ライトプランのカウンセリング
ご感想をいただきました。

* * *

自分の予想よりもきちんと心の奥から
変われたと感じています。
とりあえず、無理やりにでも
ポジティブな感情を手に入れて
何とか変わらなきゃ!
と、思って焦っていたのですが、

いま、とても自然に過ごしていて、
カウンセリングの事はあまり意識していません。

トラブルがあった時には
おもいだして見たり
考えたりしますが、
変わらなきゃ。変わりたい。これじゃだめだ。
という焦りはありません。

いままでは、私なんて、最初っから居なければよかったなぁ~と思っていましたが、今は自分が生きている事に肯定的です。
楽しいことがたくさんあります。

私は、精神を病んでいたのか、
それとも、
ただ単に性格的が悪い(問題がある)
のかわかりませんでしたし、今も一度も
診断をうけてません。受けたいとは思っていません。

だから、病人のふりをしているような
感覚があったので
こんな事で他人に甘えて
カウンセリングなんて受けて良いのかな

と思っていたのですが

病気であろうがなかろうが
以前までのわたしには
変わるきっかけが必要でした。

勇気をだして、良かったとおもっています。

Hさん(20代女性/東京都)

 
Hさんは病院で診断を
受けてはいないのですが、
わたしのブログ記事を読んで
「もしかして境界性パーソナリティ
障害なのでは……?」
と心配になり、
カウンセリングを申し込んで
くださいました。

文面にもある通り、
すごく真面目というか、
すごく自分に厳しい一面が
あったんですよね。

「自分は病人のふりを
しているんじゃないか」とか
「こんなことで甘えて
カウンセリングを受けていいのか」
とか。

おそらく、このブログを
読んでいる方の中にも

「自分は病気とかじゃなくて、
ただ単に性格が悪いだけでは?」
「こんなことで精神病とか
言っちゃいけないのでは?」
「自分なんかがカウンセリングを
受けてはいけないんじゃ?」

と思っている方がいっぱい
いらっしゃると推測しております。笑

その真面目さや厳しさが
自分を追い詰めて、
感情が爆発してしまう原因に
なったりするんですよね……。

(わたし自身、真面目すぎ+
自分に厳しすぎのWコンボで
めちゃくちゃ病んでたので、
非常によくわかります。)

日本ではまだまだ
カウンセリングって
敷居が高いので、
「もっと本気の(?)
精神異常者じゃないと
受けちゃいけないのでは」
と思っちゃうんですよね。
(そんなことないのに……)

だからそんな中で
申し込んでくださった
Hさんは、本当に
勇気のある方だと思います。

そしてその勇気が、
早いスピードで
快方へ導いたのだと
わたしは考えています。

病院で診断されるほど
重症化する前に相談した方が、
回復が早いですからね。

* * *

またHさんは、カウンセリングを受けて
得られた変化について
こんな風に語ってくださいました。

自分の本当の気持ちがわかるようになりました。

いままでしていた仕事も

自分がやりたい仕事だと思って
意欲的にやっていたつもりでしたが、

きちんと自分と向き合うと、少し違うかも。と思いました。

こう思われたいから、
この仕事を好きでいたい。

という思考癖があったようですが、

本当のわたしが、ストレスを感じやすい仕事でした。

自分の好きなこと、嫌いなことを
たくさん考えて、
小さいところまで考えたからだと思います。

カウンセリングでもお話しした通り、

私は重たいものを持つのが嫌いです。

でも、重いものを持つのが嫌なんて、
“誰でもそう”だという思い込み、
それに加えて、
重いものを持つのが嫌なんて
そんな理由で仕事を選んではいけない
という思い込み、に気づきました。

それを回避する事は悪くないし
それを回避してできる仕事だっていくらでもあることに気づきました。

Hさんとお話をしていて、
そもそも「出産前の穏やかな性格」は
他人の顔色をうかがって
かなり無理をしていた状態だったと
気づくことができました。

人によく思われたくて、
人に好かれたくて、
人を喜ばせたくて、
自分を抑え込んでしまう人って
本当に多いんです。

ただ、だからといって
「穏やかな自分」
「相手を許せる自分」
がすべて演技でウソ、
というわけではありません。

それもまた、Hさんが持っている
「自分の姿」なんですね。

なので今回のカウンセリングでは、
他人を優先して
自分の気持ちを抑えつけて
穏やかな自分を出すのではなく、

「自分の気持ちに素直になり、
自分がやりたいことをやり、
自分の意思もちゃんと伝えて、
自然な形で『穏やかな自分』や
『相手を許せる自分』を出せる」
状態を目指しました。

そういう中で、
「重たいものを持つのが嫌なんて、
みんなそうなんだから、
わがまま言っちゃダメ」
という心の状態から

「重たいものを持つのが嫌、
と思ってもいいんだ」
「それをしない仕事を
自分に選んであげてもいいんだ」
という心の状態に
変化されたんですね。

Hさんに限らず、
「こんな自分はダメ」
「こんな思いを持っちゃダメ」
と自分をずっと(無意識に)
責めている人は非常に多いので、
自分で自分にかけている
手錠や足枷を外してくれる方が
もっと増えたらいいな〜
と思います。

Hさん、改めまして
ご感想ありがとうございました!

* * *

当カウンセリングでは、
「これはパーソナリティ
障害なのかな?」
という“疑い”レベルの方の
お悩みもお伺いしています。
(むしろそういう方のほうが多いです)

いきなり1ヶ月コースを
申し込むのは勇気がいる……
という方は、
単発カウンセリングを
おためしくださいね。

1ヶ月コースも単発コースも、
下記のページからお申し込み
いただけます。

それでは本日はこの辺りで。
ごきげんよう、さようなら。

オンラインカウンセリングサービス「ぱりことば。」
画像をクリックすると飛びます!
上記以外のお悩みでもどうぞ。


◎ちょっとした無料相談や
ブログネタのリクエストは下記へどうぞ。
匿名ブログネタ投稿フォーム
※フォーム以外からのリクエストは
 一切採用いたしません。

◎イラスト・漫画・デザインの
詳細、お問合せはこちらから
イラスト業務ポートフォリオ
ご依頼・お問合せフォーム

◎ライター業務の詳細、
お問合せはこちらから
ライター:巴のポートフォリオ

ご依頼やカウンセリングについて
気になることやご質問などは、
お気軽にLINEやSNSなどで
おたずねくださいね。

◎LINEのお問い合わせはこちら
※LINEでの無料悩み相談は受け付けておりません

友だち追加

または、LINEアプリを開き
「@palicosp」でID検索

◎巴(ともえ)のSNS
◎Twitter @palicosp
◎Facebook @palicosp
◎Instagram @palicosp

* * * * *

活動紹介マガジンを無料で配布しています

オンラインショップ「ぱりこしょっぷ。」