「精神不安定を治したくない私」を認めると前に進める

「治したくない私を認めたら、
一生治せなくなるじゃないですか!」
と思うでしょう。

しかしわたしは
「精神不安定を治したくない私」
を認めたからこそ、
境界性パーソナリティ障害を
克服できたのです。

* * *

「人間は失敗も恐れるが、
成功も恐れる」
という話は聞いたことが
ありますか?

“成功を恐れる”といえば
心理学者のマティナ・ホーナー
(Matina Souretis Horner)が
1968年に提唱した
「成功恐怖理論」が有名です。

ただこの理論は、
どちらかというと
「女性のほうが社会的な成功を
収めることに対して恐れがある」
という話なんですよね。

根本は一緒かもしれませんが、
わたしは
「人が失敗だけでなく
成功も恐れるのは、

今の生活・今の自分が
変わること
に恐れがあるから」
についてお話ししたいと思います。

* * *

あちこちの記事や
過去のブログで書いておりますが、
わたしは約24年のあいだ
「境界性パーソナリティ障害」
という精神障害を患っておりました。

3年前に克服し、
現在はイラストレーター・ 
ライターなどと兼業で
心理カウンセラーをしております。

わたしと同じように、
10年単位で 長患いを
している方も相談に訪れます。

そういう方々のお話を聞き、
そこに自分の経験も合わせて、

「長いあいだ精神(情緒)不安定の
状態でいた人は、
“このままずっと治らないこと” よりも
“病気がすっかり治ってしまうこと”
のほうが恐怖に感じるのだ」

という考えにたどり着きました。

……という話をすると
3分の1くらいの方が
「そんなわけない!」
「こんなに苦しいんだから、
私は早く病気を治したい!」
と反発されるんですけどね。

精神不安定の状態が長く続くと、
「その状態が平常化
(その状態が自分の「ふつう」)」
になってしまうんですよ。

で、周囲の人たちも
「あの人は精神不安定な人だから」
と思いながら扱います。

“腫れ物に触るような”
って表現をよくしますでしょ。

「精神が健常な人」なら
許さないようなことも、
「精神が不安定な人だから」
という理由で大目に見るのです。

これは「している方」も
「されている方」も
大体が無意識にやっています。

* * *

“特別扱い”に慣れた人々は、
「自分の病気がすっかり
治ってしまったら、
もう周りは特別扱いを
してくれなくなるのではないか」
という恐怖を抱えています。

あるいは、
「今までは苦しい時に
自傷やODや自殺未遂や
暴れたりわめき散らして
ストレス解消をしていたが、
病気がすっかり治ってしまったら、
もうその方法は使えない。
どう生きたらいいのだろう」
という恐怖もあるでしょう。

「精神不安定な
状態がふつう」なので、
“精神不安定な人の生き方”
しか知らないし、
「精神が健康な人は
どうやって生きているのか」
がわからなくなるのです。

その“想像もつかない世界”へ
飛び込むくらいなら、
「今の精神不安定な状態に
とどまっていた方がマシ」
というわけですね。

わたしが24年もの間
境界性パーソナリティ障害を
治せなかった理由もそれです。

「一生治らないこと」よりも、
「すっかり治った後、
どう生きていいか
わからなくなること」の方が
ずっとずっと怖かったのです。

そしてわたしは、 そんな
「精神不安定を治したくなくて、
恐怖におびえている私」を
ずっと認められませんでした。

* * *

多くの人は
「治したくない私を
認めてしまったら、
一生治せなくなるのでは」
と恐怖します。

だからわたしから
そういう話を聞いても、
断固として認めません。

しかしときどき
「ああ、そうです、
私は治すのが怖いんです」
という方もいらっしゃるんですけどね。

そういう方はやはり、
徐々に(時に劇的に)
回復していきますね。

どうして「治したくない私」を
認める方が回復が早いのかというと、
“自分の弱さを許せる”
ようになるからではないか、
とわたしは考えています。 

境界性パーソナリティ障害に限らず
精神不安定に悩む人のほとんどが、
「強い私」「すばらしい私」
を望んでいます。

親や親族に厳しく育てられたとか、
誰かを頼ったり信じたりして
ひどい裏切りを受けたとか、
そういう理由で。

「強くならねば、
素晴らしくあらねば」
という思いが自分の心を
ズタズタに引き裂き、
よけい精神不安定を
悪化させているのです。

わたしはそれをやめた。
ただそれだけのことです。

このブログ記事を
読んでいるあなたは、
「強くならねば」
「すばらしい人にならねば」
という気持ちはないでしょうか?

* * *

先日、TwitterのDMにて
「私は、大きくショックな出来事が起こり
『本気で変わらなければ』 と思うまで、
境界性パーソナリティ障害
治す治す詐欺のようになっていました。
治すと決めては簡単に揺らぎを
繰り返していました。

巴さんはどうして、
そこまで『自分を変えよう』と
思えたのか、お話を聞きたいです」
というご質問をいただきました。
(ありがとうございます)

実はこの件、詳しい話は
ブログにもnoteにも
どこにも書いていないんですよ。
(いつもちら〜っとしか触れないので)
ちょっと込み入った話だからです。

しかしせっかくなので、
いっちょこの機会に
全てをさらけ出しても
いいかな、と思いました。

そしてせっかくなので、
同じ悩み(治す治す詐欺)を持つ人から
「こんな話が聞きたい」とか
あるかな〜と思って、
今晩20時、LINEにてアンケートを
配信しようと 思っております。

アンケートを参考に、
より良い記事を書ければと
考えています。
(配信は有料noteで行う予定です)

気になる方は、この記事下部の
「LINE登録ボタン」から
20時までに登録してみてくださいね。

それでは本日はこの辺りで。
ごきげんよう、さようなら。
また明日の記事でお会いしましょう。

カウンセリング月間コースの申込〆切は本日10月26日までです!

オンラインカウンセリングサービス「ぱりことば。」
画像をクリックすると飛びます!

◎ちょっとした無料相談や
ブログネタのリクエストは下記へどうぞ。
匿名ブログネタ投稿フォーム
※有料noteへのリクエストには
「有料noteリクエストです」と書いてくださいね。
※フォーム以外からのリクエストは
一切採用いたしません。

◎イラスト・漫画・デザインの
詳細、お問合せはこちらから
イラスト業務ポートフォリオ
ご依頼・お問合せフォーム

◎ライター業務の詳細、
お問合せはこちらから
ライター:巴のポートフォリオ

◎ぱりこの活動紹介マガジン、
無料で郵送配布中です!
ご請求はこちらから
(バックナンバー閲覧もできます)

★イラストなどのご依頼・
カウンセリングについてのご質問など、
お気軽にLINEやSNSのDMで
おたずねくださいね。

◎LINE登録はこちらのボタンから
※LINEでの無料悩み相談は受け付けておりません

友だち追加

または、LINEアプリを開き
「@palicosp」でID検索

◎巴(ともえ)のSNS
◎Twitter @palicosp
◎Facebook @palicosp
◎Instagram @palicosp