【創作漫画】パパは暗殺者(アサシン)!4話5〜8P —練習は必ず報われる話

パパは暗殺者!4話

「絵が上手くなりたい」と思って
色々と練習はしているものの、
具体的に「何のために」とかは
考えていなかったんですよね。

それでも、「練習」って
ちゃんと力になるんだな、
と思った話をします。
(あと創作漫画の続きを貼ります)

★4話1P目はこちらから
【創作漫画】パパは暗殺者(アサシン)!4話描き始めました(4P公開)

★1話から読むならこちら
パパは暗殺者(アサシン)!001【漫画】

パパは暗殺者!4話5P
パパは暗殺者!4話6P
パパは暗殺者!4話7P
パパは暗殺者!4話8P

この漫画を描きはじめてから
苦手だった背景を前より
描くようになったんですけど、
でもやっぱり苦手なので
「仕方なく描く」
という感じだったんですね。

で、今回の4Pでは
銃とか背景とか車(車内)とかを
細かく描いているんですけど、
これはなんか
「率先して描いた」感じなんです。

絵を描かない方からしたら
「街並み」も「車内」も
同じように見えるかと
思うのですが、私の中では
全然違いまして。

車、マジ面倒臭いと思っていました。
できることなら描きたくないって。
(一応1話でも描いたんだけど)
でも描きたくて描きました、今回は。

何でかっていうと、多分
最近「背景描写の練習」を
していたからなんですよ。

こことか。
【背景イラスト】なぜあなたは背景が苦手なのか(制作過程002)

こことかで。
背景イラストの描き方:背景苦手が長年克服できない人におすすめの練習方法

正直、私はこれらの練習は
「1枚絵をうまくなるため」
にやっているつもりでした。

「漫画に活かそう」とは
1mmも思っていなかったんです。

なのに、背景練習したおかげで、
うまく言えないけど
「あ、ここに線書けばいいな」
がわかるようになってきたんです。

というよりも、ズレてると
違和感を感じるというか……

いや、多少のズレなら
ごまかして(?)描ける
ようにもなってきました。

だからとにかく、
「練習は無駄にならない」
「練習は自分が想定している
以外のところにも効果が出る」
ということです。

ただ、だからって私は
世の中の人全員に
「練習しろ!」って
言いたい訳じゃなくて、

私はただ単に
「修行が好きな人」なんですよね。
やり始めるとずっと
ストイックにやってしまうタイプ。

でもそこにハマると
他のものがおそろかになりそうで
怖くて、ずっと
「ストイックに修行し続けるのが
好きな私」を封印して
いたのです。

だから長い間、自分は
「練習とか嫌いな人」
なんだと思っていました。
3日坊主で飽き性で、
努力とか練習とか嫌いな人。

でも今めっちゃ好きです。
1回本気で始めたら何ヶ月でも
何年でも継続しています。

重要なのは「練習すること」
じゃなくって、

・自分の本質を封印しないこと

・無意識にしていた封印に気づくこと

・自分が「苦手だ」とか「嫌いだ」とか
思っていることは、実はものすごく
好きなことだったり才能があること
かもしれない、と疑うこと

ですねー。

それでは本日はこの辺りで。
ごきげんよう、さようなら。

Twitterでは下記リンクで4話を更新します

* * *

クリエイター(アーティスト)・カウンセリングも行っています

カウンセリング詳細&お申込みはこちら

無料メールマガジンやってます

心を軽くする心理学の話を
わかりやすく解説しています。

◆月〜土・大体20時配信◆
 ↓


あなたの心を心理学でスッと軽くする「ぱりことば。」

無料悩み相談はこちらへ!

匿名ブログネタ投稿フォーム

※ブログ上で回答します。
 全ての投稿を採用する訳ではありません。

※フォーム以外からのリクエストは
 取り上げませんので、ご了承ください。

LINE・SNSのお問合せ先

友だち追加

上のボタンを押すか、
LINEアプリを開き
「@palicosp」でID検索

◎Twitter @palicosp

◎Facebook @palicosp

◎Instagram @palicosp