すぐに効果や反応がない時、イライラしてやめると損をする

だらだらする父親と娘のイラスト

仕事でも、創作活動でも、
日常的なことでも、
「チャレンジ」に対して
何の効果も反応も
得られなかった、
ということってありますよね。

そういう時、
「何の効果もなかった!」
「誰も反応してくれなかった!」
とイライラしてすぐ
やめてしまうのって、
実はものすごく損している
可能性が高いです。

「やめてしまっている」ので、
自分では損をしたって
気づかないのですけどね。

* * *

わたしは個人で
イラストレーターとか
カウンセラーをやっているので、
仕事の面で
「チャレンジ」をすることって
非常に多いんです。

新しいサービスを考えたり、
新商品を考えたり、
そもそも「広告・宣伝」も
チャレンジの繰り返しです。

効果のないことをひたすら続けても
損になるだけなので、
「どこで引くか」
「どこでやめるか」
というのは
うまく見極めないといけません。

しかしながら、
以下のようなことが
起きるわけです。

◎15年前に書いていた
シナリオ仕事の経験がきっかけで、
2019年の今、
シナリオの仕事をしている。

◎2014年から書き始めた
「境界性パーソナリティ(人格)障害」
の記事のおかげで、
2019年の今、それに関した
カウンセリングお問合せが
めっちゃ来る。

◎2016年に作った
オーダーメイド商品について、
2019年の今、問合せが来る。

◎昨年の秋に告知した
大型ペイントの件について、
1年経ってから問合せが来る。


去年言ったことが
1年後にお問合せいただけるなら
まだいい方で、
平気で3年とか5年とか10年(!)
とか経った話を、
今言われたりするんです。

「マジか」と思いますよね。笑

幸いなことにわたしの場合は、
5年経とうが10年経とうが
「あ〜、最近やってないけど、
今もやれますよ」とか
「むしろ今の方が専門ですよ」
ということが多いので、
ちゃんと“今”につながっているのですが。

だから
「何の効果もなかった」
「何の反応もなかった」
というものでも、
完全に捨てるのは
損してるんじゃないか、と思うのです。

あと、もうひとつ思うのは
「そればっかりに
こだわらなかったから
逆に良かったのかな」
ということ。

わたしの人生は、
「Aができる自分、
Aをやりたい自分」
を残したまま、
「次のBをやる」
「さらにCもやってみる」

ということが非常に多いです。

なので、今Cをやっている時に
「すみません、Aって今できますか?」
と言われても
「おお〜、めちゃくちゃ久しぶりに
やるけど、できますよ!」
って回答できるんです。

もしその時に
「わたしはもうAからは
足を洗ったんです!!
帰ってください!!」
って態度をとったら、
そこで道は途切れますよね。

「完全に足を洗う」とか
「完全に卒業する」とか
「きれいさっぱり諦める」って
いさぎよくて格好良い
ように見えますが、
「別にやりたいんだったら、
他のことやりながらでも
続けていいんじゃねーの」
とわたしは思います。

すっぱりやめたい人を
否定もしないので、
やめたきゃやめればいーじゃん、
とも思いますが。

やめない先にも、
やめた先にも、
未来があります。
あなたが選択した方を
やればいい。

未来に自分が
どんな形になるかなんて、
親にも神にもわかりませんから。

ごきげんよう、さようなら。

* * *

★出張カウンセリング、
色々あって2019年12月11日(水)
午前中だけ対応できます。
横浜近郊(10時〜)または
東京23区内(11時〜)可。
気になる方はLINEや各種SNSから
お問合せください。

◎ブログネタのリクエストや
ちょっとした無料相談はこちらで
匿名ブログネタ投稿フォーム
※フォーム以外からのリクエストは
 一切採用いたしません。

◎全国どこからでも受けられる
有料カウンセリングをしています。
詳細・お申込みはこちらから
カウンセリングサービス「ぱりことば。」

◎イラスト・漫画・デザインの
詳細、お問合せはこちらから
イラスト業務ポートフォリオ
ご依頼・お問合せフォーム

◎ライター業務の詳細、
お問合せはこちらから
ライター:巴のポートフォリオ

ご依頼やカウンセリングについて
気になることやご質問などは、
お気軽にLINEやSNSなどで
おたずねくださいね。

◎LINEのお問い合わせはこちら

友だち追加

※LINEアプリ内で「@palicosp」で検索しても出てきます

◎巴(ともえ)のSNS
◎Twitter @palicosp
◎Facebook @palicosp
◎Instagram @palicosp

* * * * *

活動紹介マガジンを無料で配布しています

オンラインショップ「ぱりこしょっぷ。」