【無料相談】幼児退行は境界性パーソナリティ(人格)障害の症状?

巴(ぱりこ)写真-撮影:いしとびさおり(koto)

「境界性パーソナリティ障害」
という病名を知り、
「自分もそうなんじゃないか」
と気づいた時、多くの人は
「じゃあこの症状も、それのせい?」
とたくさん考えるようになります。

一番大事なのは、
「この病気だとこの症状が起きる」
ということよりも、
「なんで自分はそうなるのか」
ってことだと思うんですよね〜。

* * *

わたし自身がかつて
境界性パーソナリティ障害で、
現在は既に症状が
おさまっている(※)ため、
境界例関係のご相談をよくいただきます。

※専門用語で言うところの
寛解(かんかい)ってやつです。

本日はHN:シタさんからの
ご相談にお答えします。

私はよく、幼児退行をしてしまいます。ボーダーかはわからないけど、心当たりあり。巴さんは幼児退行の症状が出た事がありますか?

あんまり意識した事が
なかったのですが、
考えてみればわたし、
中学生の時も高校生の時も
30代に入っても
ギャーギャー幼児みたいに
泣きわめいた事がありますね。

ということはあれが
幼児退行だったかもしれません。
じゃあ「ある」ですね。

で、今(36歳、寛解から2年経つ)は
幼児みたいに泣きわめく事が
ほぼまったくありません。

ごくたまにストレス解消で
「アー!!」とか広い部屋で
叫んだりはしますが。笑
泣くこともありますけど、
泣きわめくまではいかないですね。

ということは、「幼児退行」は
境界性パーソナリティ障害の
症状だった、かもしれません。

* * *

ここでブログを終わってもいいのですが、
一番大事なのはシタさんが
「幼児退行って、ボーダーの症状なの?」
って聞いたことだと思うんですよね。

シタさん、どうしてそれを
質問したのだと思いますか?

幼児退行は境界性人格障害の
症状のひとつですよ、と
はっきり言われたら
「自分はやっぱりボーダーなんだ」
と思えるからでしょうか?

わたし自身、
「とりあえず治療するなら
一回病院へ行って
自分の状態を冷静に話して
診断してもらったらどうすか」
とすすめていますが、

重要なのは、
「病気かどうかではない」
と考えているんですよね。

「なぜその症状が起きるのか」です。

* * *

おそらく、わたし自身に
幼児退行の症状が出ていたのは

「子ども時代に、子どもで
いさせてもらえなかったから」


だと考えています。

親の離婚とか
母親の家出(笑)とか
ひいおばあちゃんの
イビリ(笑)とかで、
子どもの頃のわたしは
「しっかりしなければいけない」
と思っていたんですよね。

いい子でいないと、
お母さんは本当に
わたしを捨ててしまうだろう、
という恐怖感がありました。

最初に抑えつけたのは
「泣く」という行為
だったと思います。

だから、同級生のすぐ泣く女子とか
すぐ泣く男子とか
すげーバカにしてましたね。
そのくらいで泣いてんじゃねえよ、
アホがと思ってました。
(ひどいですね〜)

今思えば、自分もずーっと
泣きたかったんですよね。
「なんで、なんで」って
怒って泣きたかったんですよ。

だけどできないから、
他人をバカにすることで
自分を保っていた
のです。

で、その積もり積もった
子ども時代の恨みが爆発して、
幼児退行ギャン泣き
していたのだと思います。

詳しくお話を聞いていないので
シタさんがなぜ幼児退行
するのかはわかりません。

が、おそらく、

「子ども時代に、
子どもらしい感情の出し方を
制限されてしまった」


のではないかな〜と考えています。

* * *

もし今あなたが
幼児退行に悩んでいたり、
「できればやめたい」
「感情の爆発をコントロールしたい」
と思うなら、

「子どもでいたかったのに
いられなかった、過去の自分」

の傷を癒すことが先決です。

子どもの自分になりきって、
手紙を書くのもいいでしょう。
当時の恨みつらみを書きまくって、
やぶって捨てたり。

「今の自分」と「子どもの自分」で
お手紙交換や交換日記的なものも
いいかもしれませんね。

いちいち書くのがめんどい、
という方は、
目を閉じて、頭の中に
「子どもの頃の自分」
を思い浮かべて、
その子と会話してみてください。

勝手に色々しゃべって
くれるかもしれないし、
こっちから聞かないと
ずーっとだんまりかもしれません。

ちなみにわたしは病気が寛解してから、
しょっちゅう頭の中に
「おかっぱ頭の女の子」を
思い浮かべます。
子どもの頃のわたしです。

この子の機嫌が良いかどうかで、
「今の自分」の判断を
決める時があります。
(たまになだめて我慢して
もらう時もありますが、
大体はこの子の意思を尊重します)

大人になればなるほど、
「子どもの頃の自分」って
無視しがちになりますからね。

幼児退行の時に出てくる自分は
「無視され続けて傷ついている
子どもの自分」
だと
思ってみてください。

そしてその子は、
あなたの両親が謝ろうが
あなたの恋人(夫や妻)が謝ろうが、
絶対に誰も許さないし、
おさまってもくれません。

あなた自身だけが、
その子を救えます。

ぜひ、その子と向き合って
話を聞いてあげてください。

ごきげんよう、さようなら。

* * *

◎自分も無料相談したい! と言う方は
必ず下記フォームからお送りください。
匿名ブログネタ投稿フォーム
※フォーム以外からのリクエストは
 一切採用いたしません。
※LINEで無料悩み相談を送らないでください。

境界性パーソナリティ障害について書いた有料note

境界性パーソナリティ障害と過ごした半生と、自己治療&周囲の対応ポイント【前編・10歳〜24歳までの話】|巴|note

わたしは10歳から34歳までの24年間、境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)という精神障害でした。(英名:Borderline personality disorder/略称BPD、ボーダー、境界例) 「でした」というのは、もう寛解(かんかい・症状がおだやかになること)して、その症状がほとんど出てこなくなったからです。 わたしは投薬・通院をやめ、周囲の力を借りながらの自己治療で現在の状況まで持って行きました。 わたしが最後に受診した心療内科の先生曰く、この精神障害に「完治」はないそうです。なので、たまに少しそれっぽい傾向は出てきます。 しかし、一番ひどかった時のようにはもう

境界性パーソナリティ障害と過ごした半生と、自己治療(寛解)&周囲の対応ポイント【後編・25歳〜36歳現在の話】|巴|note

わたしは10歳から34歳までの24年間、境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)という精神障害でした。(英名:Borderline personality disorder/略称BPD、ボーダー、境界例) カウンセラーとして活動を始めた現在、この精神障害に苦しむ当事者さんやそのパートナーさんからご相談を多数いただきます。 そういう方に少しでも役立つよう、自分の半生を振り返りながら「寛解のポイント」「周囲の対応ポイント」をまとめよう、と思い立ちました。 こちらは後編です。発症したと思われる10歳〜24歳までの話を書いた前編はこちらでご覧ください。無料エリアで「症状まとめ」と「病院

境界性パーソナリティ障害関連のカウンセリングを承っています

オンラインカウンセリングサービス「ぱりことば。」
画像をクリックすると飛びます!

* * *

本日のアイキャッチ画像に
使用した写真は
いしとびさおり(koto)さんが
撮ってくださいました!
(昨年撮ったものです)
いつもありがとうございます!

いしとびさんのサイト
いしとびさんのInstagram
Twitter@koto000

* * *

◎イラスト・漫画・デザインの
詳細、お問合せはこちらから
イラスト業務ポートフォリオ
ご依頼・お問合せフォーム

◎ライター業務の詳細、
お問合せはこちらから
ライター:巴のポートフォリオ

ご依頼やカウンセリングについて
気になることやご質問などは、
お気軽にLINEやSNSなどで
おたずねくださいね。

◎LINEのお問い合わせはこちら
※LINEでの無料悩み相談は
 
受け付けておりません

友だち追加

※LINEアプリ内で「@palicosp」で検索しても出てきます

◎巴(ともえ)のSNS
◎Twitter @palicosp
◎Facebook @palicosp
◎Instagram @palicosp

* * * * *

活動紹介マガジンを無料で配布しています

オンラインショップ「ぱりこしょっぷ。」