めんどくさい、やりたくない家事をやるための心理学的アプローチ方法

家事、めんどくさいですよね。

フリーランス&在宅仕事だと、
降りかかってくるのが
「家事と仕事の両立問題」です。

時短術とかは他の方が
紹介していると思うので、
わたしは心理学的なアプローチで
家事のやる気対策を紹介します。

「我慢する家事」をやめる

まず一番大事で、
そして一番難しいのが
「我慢しながら
家事をするのをやめる」

ことです。

イヤイヤやってませんか?
家事。

我慢は本当に心の毒で、
我慢するのがクセになると
怒りがどんどん心の中に
蓄積されていくので、

最終的に
【身近にいる一番大切な人】
に八つ当たりするようになります。

(どこにも吐き出せず
行き場のない怒りが
暴発して、自分だけでなく
大切な人たちを傷つける)

わかりやすいのが
彼氏(彼女)や夫(妻)、
親とか自分の子どもですね。

八つ当たりが
クセになってしまって
幸せそうな人を一度も
見たことがないので、
家事のやる気を出す前に
「我慢をやめる」
努力をしたほうがいいです。

自分に好きなことをやらせてあげてから取りかかる

我慢すんなって言われても
難しいですよね。
特に「イヤイヤ家事を
していた期間」が
長ければ長い人ほど、
「我慢しないって何!?」
となると思います。

通常、人は
「何かをがんばった
ご褒美に、自分に好きな
ことをやらせてあげる」

流れが多いです。

逆にしましょう。

「好きなことを
やらせてあげたから、
あんまりやりたくない事を
頑張ってもらう」

状態を自分に作るのです。

「掃除も洗濯もしたくない、
ダラダラ横になって
スマホゲームしたい……」
と思ったら、

掃除や洗濯を済ませてから
ゲームするのではなく、
先にゲームをやってしまいます。

別にゲームじゃなくてもいいです。
ネイル塗るでも漫画読むでも
ドラマや映画見るでも、何でも。

とにかく
「本当はやりたい事を
我慢して家事をする」
状態をやめられればいいので。

「そんなことしてたら、
ずっとダラダラ
しちゃうんじゃ……」
と心配になりますよね。

自分に好きなことを
思い切りやらせてやると、
「こんだけ好きにやったんだし、
そろそろ頑張るか」
という気になるのです。

逆にいつまで経っても
ずーーーーーーっと
やる気が起きず、
好きなことをやり続けて
しまう人は、

「それだけ長い期間、
自分に我慢をさせ続けていた」


と思ってぜひ反省してください。

「私、今までずっと私に
我慢させてたのね……
ごめん、私……」
と謝ってください。自分に。

あと、好きな事やってる間は
「こんなことやってる
場合じゃないのに」
「わたしはいけない事をしている」
などと思わないのが重要です。

罪悪感を感じながら
好きなことをやると
逆効果なんですね。
なので、
それをやっている間は
開き直っちゃいましょう。

「これは!
やる気を出すために!
必要な遊びなのよ!!」

とか自分に言ったりして。

1日にやるべき家事の数を減らす

「我慢しないのが大事なのは
わかったけど、
好きなことにのめり込んでると
今日やらなきゃいけない家事が
全部できなくなるんだけど……」
と思った方、いらっしゃいませんか?

心理カウンセリング内で
「家事に追われる女性たち」
のお悩みもよく聞くのですが、
家事に苦しむ女性たちのほぼ大半が
「1日のノルマ家事が多すぎる」
のです。

だからちょっと好きなことを
しただけで、時間が足りなく
なってしまうんですね。

精神状態が良いときは
毎日掃除しようが洗濯しようが
好きにしてもらって
いいんですけど、
こんな記事に辿り着いて
読んでしまうくらい

「めんどくさい……」
「だるい……」
「やりたくない……」

という状態になっているのは、
だいぶんココロがやられてます。

1日のノルマを減らしましょう。

毎日キレイに掃除した家にいても、
そのせいで気が狂ってしまったら
意味がないです。
これは冗談で言っているんじゃ
ないんですよ。

縁起が良くなる情報を片っ端から調べる

「でも家族が多くて
1日のノルマがなかなか
減らせないの!」
「自分がきっちりやらなきゃ
気が済まないの!」
という方は、もう神頼みです。

「家事に関する縁起の良い情報」
を集めまくりましょう。

わたしの友人・星見かおるさんが
家のココを掃除するとアレやコレが改善されていくという仮説
というブログを書いているのですが、
これ当たっている気がします。

あとわたし自身がこれを読んだあと
「お金欲しーい!」と思って
トイレ・洗面台・流し(シンク)などを
めっちゃ頑張って掃除できました。笑
 ↓

日本人は昔から
「縁起担ぎ」に弱い生き物ですので、
家事に関する「縁起」情報を
集めまくってみてください。

「こういうご利益がある」
と信じれば、できるはず!
多分!!

ちなみにわたしは
クリエイターなので、

「裁縫や料理は
創造性を高める効果があり、
アイデアを浮かばせてくれる」


という話を聞いてから、
ボタン付けや料理などを
がんばれるようになりました。
(出典:「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」)

とにかく自分の心に無理をさせない、が大事

わたしも時々
そんな感じになりますが、
インターネットで
「やる気 出る方法」
「家事 めんどくさい」
とか検索する時は、
だいぶん自分の心に
無理をさせています。

家事ってそもそも、
人間が心身ともに
健康的な生活を
していくために
やることですよね。

それで無理して
心を病んじゃったら、
本末転倒です。

ちなみにあと4個
「心理学的アプローチ」を
思いついたので、また明日
続編で書きます。

それでは本日はこの辺りで。
ごきげんよう、さようなら。

謎にnoteで好評なトイレ・水回り掃除の話もどうぞ↓