【背景】イラスト教本を買えばやる気が出る訳じゃない(制作過程004)

現時点での進捗

苦手を克服するぞ、とか
絵が上手くなりたい、と思うと
とりあえず教本を
買うじゃないですか。

買ったからって、すぐやる気が
出る訳じゃないんですよね。

* * *

色々と思惑があって
キャラクターと背景のデータを
別々にして作業していましたが、

制作過程003の記事
着彩したキャラを、
下塗りした背景へ
置いてみました。

背景に人物を置いてみた

制作過程002で描いていた背景
向きを左右反対にしています。
最初は光源を右にする予定だったのを
「やっぱり左にしよう」
と思い直したからです。

左右反転するにあたって
窓の向きが逆になってしまったので、
その辺は多少描き直しています。

* * *

実は今まで
「背景とキャラの配置」を
深く考えていなくて、
「とりあえず真ん中に
置いておけばいいか」
くらいに思っていました。

それじゃあダメなんだよ!
と気づいたのは、
この本を読んだからです。
 ↓
【○×でわかる風景作画 神技作画シリーズ】

 
さけハラスさんの風景作画
教則本です。
ためしに風景画の
教則本でも買ってみよう、
くらいの気軽な気持ちで
手に取ったのですが、

めっっっっっちゃくちゃ
分かりやすいです。


「アイレベルって何じゃ!
何を読んでも聞いても
さっぱりわからん!!」
と思っていたのですが、
この本のおかげでやっと
理解しました。

「背景とキャラの配置」
についてもこの本で
学びました。

それ以外にも
「イラストの見せ方(魅せ方)」
がすごく詳しく解説されています。
何度も言うけど
くっっっっそ分かりやすいです。

(でも自分が今まで
絵を描いてきて、
ある程度の描き方とか
ソフトの使い方が分かるから
そう感じるだけ……?
超初心者の方は「わかんない!」
と思う所があるかもです)

背景のみの画像

とりあえず今日はここまで塗りました。
まだ「少しうまい中学生の絵」
レベルにしかなっていませんが、
これからブラッシュアップ
していきます。

この絵の上にさっきの
キャラクターをのせたら
めちゃくちゃキャラクターが
浮いてしまったので、
トップに貼った絵のように
紫っぽい色をかぶせました。

現時点での進捗

これはとりあえずの処置なので、
もちろんキャラクターの加工も
ブラッシュアップします。

ちなみに背景の塗りは、
前回の制作過程で
ご紹介した藤ちょこさんの
着彩を参考にしながら
やっています。
 ↓
独特の世界観を描く! 藤ちょこ先生から学ぶ「和風美少女イラスト」の描き方

キャラに色をかぶせて
馴染ませる技法も
紹介されてますよ。

いちおうギャルゲーの
グラフィッカー経験があるので
やり方を知ってはいたものの、
さらに勉強になりました……。

やっぱり「塗り」にも
流行り廃りがあるので、
15年も前のギャルゲー塗りを
引きずり続けていたら
そらアカンよね……。うん……。

* * *

ところで今回ご紹介した
さけハラスさんの教本、
いつ買ったと思います?
2020年の11月下旬ですよ。

今2021年の3月ぞ。

もちろん普段の仕事が
クソ忙しかった時期も
あったのですが、
まあハッキリ言って
やる気が起きませんでした。

読んだけど「ううう……」と
苦手意識が爆発して、
すぐ実践できなかったのです。

ただ、この本のおかげで
自分の漫画の背景を
頑張って描くようになりました!

「パパは暗殺者!」3話とか
ちょいちょい背景を
頑張ってますもんねえ。
(冒頭はまあまあだけど、
終盤のページは特に)

ひとまずは白黒で背景を
頑張って描いていると、
やる気が少しずつ上がって
来るのかもしれません。

いきなり最初から
「ちゃんと着彩した
背景を描く!!」と思うと
たぶん途中で挫折するので。

あと、ちょっと
さぼりがちだった
アーティスト・デートを
また意識してやるように
なったのも良かったかも……。

※アーティスト・デートの
詳細はこちらの記事でどうぞ。

* * *

自分も含めなんですが、
うまくいかない時の絵描きって
とりあえず「技術」を
習おうとするじゃないですか。

でもそれだと大半の人が
「自分には無理だ……」
「どうせ才能のある人
だけがうまくいくんだ……」
「絵なんか描いてないで
仕事しなきゃ…お金稼がなきゃ…」
って挫折するんですよね。

なので自分としては、
まずメンタルを整える
(特訓・訓練をする)のが
一番いいんじゃないかと
思っております。

そうすると技術も教本も
スルッと入ってきますしねー。

ということで、引き続き
制作過程レポやっていきます。
ごきげんよう、さようなら。

次の記事

クリエイター向けカウンセリングも行なっております

オンラインカウンセリングサービス「ぱりことば。」
画像をクリックすると飛びます!

ポートフォリオサイト

ポートフォリオサイト