無意識に「趣味」を「レベルが低い」と思い込んでいないか

趣味=レベルが低いって意味じゃない

すごく衝撃の気づきを得て、
文章にするより
漫画がいいやと思ったので
漫画にしました。
まずは読んでください。
 ↓

趣味=レベルが低いと思っていないか(1)
趣味=レベルが低いと思っていないか(2)

人によって「趣味」という
言葉の定義って違うと思うけど、

よく聞く
「趣味“で”いい」とか
「趣味“なんか”で
やっていくのは嫌だ、
仕事にしたい」
っていうのは、

要するに、「趣味」が
低い位置にいるからでは
ないかな……と
思ったわけです……。

「趣味」という言葉そのものに、
クオリティが低くていいとか
レベルが低いとか、
そういう“低評価”的な
意味合いは
全くないんですよね。

goo辞書で引いてみました。
 ↓

しゅ‐み【趣味】 の解説

 仕事・職業としてでなく、個人が楽しみとしてしている事柄。「趣味は読書です」「趣味と実益を兼ねる」「多趣味」

 どういうものに美しさやおもしろさを感じるかという、その人の感覚のあり方。好みの傾向。「趣味の悪い飾り付け」「少女趣味」

 物事のもっている味わい。おもむき。情趣。

趣味(しゅみ)の意味 – goo国語辞書

「仕事・職業にしていない」
というだけで、
「職業に達するレベルではない」
とは一言も書いていない訳です。

にも関わらず、私は
「趣味ならアリ」
という言葉を
「レベルが低い」と
とらえてしまった。

それはつまり、
自分で自分の作品を
「レベルが低い」と
思い込んでいるからです。

アドラーもカエサルも
「人は自分の見たいようにしか
世界を見ない」的なことを
言ったもんですが、
ほんとそうですねー
と思いました。

* * *

そもそも自分は10年間も
プロのイラストレーター
としてやってきて、

「上手ければ
(画力などのレベルが高ければ)
誰でもプロになれる訳ではない

という事実を
嫌というほど
知ってきたはずです。

最初のうちは
「今より上手くなれば
仕事が来るはずだ」
と思いがちなんですけどね。

「商業ラインに乗る」ことと
「上手い(レベルが高い)」
ことは関係ないんですよ……。

もちろんある一定の
画力がないと
それなりの所に
使ってもらえないとかは
ありますけど、

「お金を払ってもらえる」
「商業ラインに乗れる」
というのは、
マジで「画力」とか
「上手さ」とか
「テクニカル」だけの
問題ではないのです。

* * *

つまり、私の漫画に
対して言われた
「趣味ならアリ」と
いう言葉は

「商業ラインに乗せにくい」
というだけの話で、

「商業ラインに
乗せられないほど
レベルが低いっすね」
と言われた訳ではないのです。

そういう風に受け取るのは、
単に
「自分の作品に
自信がないから」。

ハア〜〜〜〜〜〜〜
目からウロコだったわ〜〜〜〜!

っていうか私、
いまだに自分の作品に
自信がなかったのかよ!!
って改めて気づいたわ!
ありがとうございます!!

人間って
「克服した!」と思っても
何度も同じ課題に
ぶつかるものだものね。
またひとつ成長できました。

* * *

あと
「金を払ってもらえる方が
すごい・偉い」とか
「世間様やちゃんとした会社に
選ばれる方がすごい・偉い」
とかの基準が
自分の中にあるのって、
めちゃめちゃ親族の影響が
強いんですけど、

その話すると長くなるんで、
今日はここで終わりです。

ごきげんよう、さようなら。

この辺も絵描き向けの記事です↓

イラストレーターになりたい人は、メンタルを鍛えた方がいい5つの理由

人物イラストに自信のなかったわたしが作品を描き続けられる理由

* * *

無料メールマガジンやってます

心を軽くする心理学の話を
わかりやすく解説しています。

◆月〜土・大体20時配信◆
 ↓


あなたの心を心理学でスッと軽くする「ぱりことば。」

クリエイター・カウンセリングも承っています

オンラインカウンセリングサービス「ぱりことば。」
画像をクリックすると飛びます!

無料悩み相談はこちら

匿名ブログネタ投稿フォーム

※ブログ上で回答します。
 全ての投稿を採用する訳ではありません。

※フォーム以外からのリクエストは
 取り上げませんので、ご了承ください。

LINE・SNSのお問合せ先

友だち追加

上のボタンを押すか、
LINEアプリを開き
「@palicosp」でID検索

◎Twitter @palicosp

◎Facebook @palicosp

◎Instagram @palicosp