【質問】創作する人のSNSに私生活やニュース等への考えが書いてあると、引いてしまうのはなぜ?前編

他人に対して
嫌な感情を持ったり、
「引くわー」「無いわー」
となるのって、
自分の心が共鳴しているから
だと考えています。

普段はクリエイターさん
(発信者)に向けて
記事を書くことが多い私ですが、
今回は「受け手」目線で
お話ししたいと思います!

(クリエイターさんも
「受け手」に回ることも
ありますしね)

本日はこんなご質問を
いただきました。
 ↓

以前 「宣伝して逃げていく人は放っておけばいい」というブログを読みました。

わたしは逆で、創作をされてる方のSNSは創作関係や宣伝だけが良くて、私生活やニュース等に対する考えが書いてあると引いてしまいます。
芸能人でも政治的な意見を言って炎上したりすることありますよね。

薄々嫉妬かな…と思っていますが、他にどんな心理状態があるのか気になったので投稿させていただきました。
ブログネタになれば幸いです。

(匿名さん)

めちゃくちゃいい質問!!
と思ってブログネタとして
大採用いたしました。
ありがとうございます!

ところで
「宣伝して逃げていく人は
放っておけばいい」
というワードを書いた気がして
ブログ内検索したんですけど、
見つかりませんでした(笑)。

どうもメルマガ
書いていたようです(^^;
でも似たような話は
この記事でも書いてますね!
 ↓
宣伝したらみんな私のこと嫌いになるかもじゃないんだよ、とにかく宣伝せよ

媒体が多すぎてどこに書いたか
わからなくなることが
よくある私です。

* * *

さて本題ですが、
「創作をしている人が、
私生活やニュース等に
対する考えを投稿すると
引いてしまう」


これもあるあるだと
思うんですけどねー。

「こういう感情・
思考になるのは、
これ“1つ”が原因ですよ!」

という事はほぼ無いので、
考えられる可能性を
列挙してみたいと
思います。

私が思いついたのは
以下の6つです。

・同一視が起きている

・私にできないことを
やっている(シャドウ)

・我慢している
(怒りを出さないようにしている)

・親から受けた価値観の影響

・単純に羨ましい、嫉妬している

・作品と人格を切り分けている
(または、分けられない)

ではひとつずつお話ししていきますね。

1.同一視が起きている

「大好きな人には、
私と同じ価値観で居てほしい」
という欲求が高まりすぎた結果、

「大好きな人が私と
同じ価値観じゃないとムカつく」
 
「大好きな人が私と
同じ価値観じゃないから嫌い」

などの感情に
発展してしまうことを
「同一視」と呼んでいます。

相手と自分の境界がわからない、
本来違うはずの相手と自分を
同じものとみなしてしまう、
ということですね。

心理学用語でいう
「同一視」とか
「投影性同一視」は
またもうちょっと
複雑なんですけど、
ここで解説することでもないので
Googleで検索してください(笑)。

SNSをフォローしたり
見たりするということは、
多分その「創作家さん」が
好きなんだと思うんですよ。
(ですよね?)

「私の好きな人は、
私と同じ価値観で
なければならない
(そうあるはずだ)」

という同一視的な
思い込みがあると、
「SNSでの投稿態度や
ニュースに対する
考えが私と違う」のが
ものすごく気持ち悪く、
不愉快になるのです。

その結果引いてしまう、
という感じでは
ないでしょうか。

同一視は恋人間でも
よく起きますので、
こちらの記事も
ご参照ください。
 ↓
恋人とケンカしない方法は?「正しさの争い」4つの対応策

2.私にできないことをやっている(シャドウ)

人は誰しも「シャドウ」と呼ばれる
「本当はこう生きたかった私」を
抱えている、と言われています。
(ユングでしたかね、言ったのは)

そして、その「シャドウ」のことを
だいたい嫌いになります。

だって今の自分は
「シャドウ」とは
真逆の自分なので、
その人を認めてしまったら
今の自分の人生を否定する
ことになる(と思い込んでいる)
からです。

もし創作家さんの私生活が
「本当はこう生きたかった私」
であるとすれば、
そりゃ引いちゃいますよね。

あと
「本当は政治的意見とか
ガンガン言いたい自分がいるのに、
色々な経験や事情を重ねた結果、
それをしない人生を選んだ」
のだとしたら、

政治的意見をガンガン言う
「シャドウ」なその人を
やっぱり嫌いになったり
引いたりします。

3.我慢している(怒りを出さないようにしている)

シャドウと似たような
話ですが……

人は
「本当はやりたいけど
我慢している何か」を
誰かが我慢せずに
やっているのを見ると、

「私は我慢してるのに、
なんであんたは
自由にやってるのよ!」

「私が我慢してるんだから、
あなたも我慢しなさいよ!」

と腹が立ってしまいます。

でもそんなことで
腹が立つ自分も嫌なので、
その怒りを隠すために
「この人、ないわー」って
クールに「引く」
方向へ行くのです。

別に私は怒って
いるんじゃないのよ、
冷静にこう言う人は
「無い」と
思っているのよ、
ってことですね。

怒り(感情)を出すことを
異常に拒否している人や、
無様になりたくない、
クールな私でいたい、
という方に
起こりやすい傾向です。

* * * 

1記事で一気に書いて
しまおうかと
思っていましたが、
思いのほか長くなったので
残りの3つは明日にします!

明日は以下の3つについて
お話ししますー。

・親から受けた価値観の影響

・単純に羨ましい、嫉妬している

・作品と人格を切り分けている
(または、分けられない)


それでは、本日はこの辺りで。
ごきげんよう、さようなら。

★後編はこちら!
 ↓
【質問】創作する人のSNSに私生活やニュース等への考えが書いてあると、引いてしまうのはなぜ?後編

* * *

◎過去の無料相談はこちらからご覧いただけます
#無料相談シリーズ

◎カウンセリング受けるほどじゃないけど、
自分も相談したい! と言う方は
必ず下記フォームからお送りくださいね。
 ↓
匿名ブログネタ投稿フォーム

※ブログ上で回答します。
 全ての投稿を採用する訳ではありません。

※フォーム以外からのリクエストは
 取り上げませんので、ご了承ください。

* * *

無料メールマガジンやってます

心を軽くする心理学の話を
わかりやすく解説しています。

◆月〜土・大体20時配信◆
 ↓


あなたの心を心理学でスッと軽くする「ぱりことば。」

無料相談で解決しないお悩みはこちら

オンラインカウンセリングサービス「ぱりことば。」
画像をクリックすると飛びます!

LINE・SNSのお問合せ先

友だち追加

上のボタンを押すか、
LINEアプリを開き
「@palicosp」でID検索

◎Twitter @palicosp

◎Facebook @palicosp

◎Instagram @palicosp