境界性パーソナリティ障害の怒りポイントが分かる&解説できる私

境界性パーソナリティ障害の解説者、巴(ぱりこ)

当カウンセリングには
境界性パーソナリティ障害
(BPD・ボーダー)の
当事者さんと対峙する
ご家族・パートナーの方が
よくいらっしゃいます。

で、お二人の喧嘩を
分析・解説していると、
「分かりやすい!」
と言われるんですよ。

そりゃそうですよねえ。
だって私、境界性
パーソナリティ障害の
元当事者だもの。
(今は克服してまーす)

* * *

私はそもそもデータ分析系の
人間なので、心理分析も
好きなんですよね。

なのでお二人の喧嘩の
話などを聞いていると、
「あ、ここのポイントで
彼女(または彼)は
怒ったんだろうな」
とすぐピンと来ます。

BPD当事者さんと
対峙している方はみなさん
口を揃えて

「何が彼女の逆鱗に触れたか
まったくわかりません」

「彼が怒るポイントが
全然わからなくて怖いです」


とおっしゃるのですが、
私が分析した結果を
解説すると

「あー! そういうこと
だったんですね!!」

「そう言われたら
しっくり来ました……」

「えっ、巴さんが言った

ことと全く同じセリフを
彼女から何度も聞くんですが……」


など言われます。

とはいえ、
分析結果をお話する前に

「私はエスパーじゃないので、
一度も話したことのない
彼女(彼)の気持ちを
完璧に分かることはできません。

なので、あくまで可能性の
ひとつとしてお考えください」


と前置きします。

分析結果を話した後も
念押しでもう一回
言ったりします(笑)。

それでもやっぱり

「もちろんそれは
分かっていますが、
それにしても
しっくり来ました」

と言っていただけるん
ですけどねー。

正解は本人に聞かないと
分からないけど
(っていうか本人に聞いても
分からないこともあるけど)、
相談者さんがそれで
スッキリしてくれたなら
うれしいですよね。

* * *

というような話を
弊パートナーにしましたら、

「将棋の解説者
みたいだね」

と言われました。

その言葉に今度は私が
めちゃくちゃしっくり来ました。

つまり、BPD当事者さんと
その方と対峙する人たちの
喧嘩や言い争いなどは
「将棋の対局」
と同じなのです。

私は将棋にそこまで
詳しくありませんが、
第3者目線で見ていると
「何手目が悪手だったか」
わかりますよね?

それが、後でなんとか
挽回できる悪手なのか、
それともそのまま
敗北するしかない悪手
なのかもわかるわけです。

あと、将棋って
「えっ、この人はなんで
ここでこの手を出したの?」

と思う時があるじゃないですか。

藤井聡太さんなどは
将棋の定石と違う指し方をするので、
「何でその手をするのか
ちょっとよく分からない」
というようなことがあった、
と聞きました。

(重ね重ね申し上げますが、
私は将棋に詳しくないので
本当にそうだったのか知りません)

BPD当事者に翻弄される
家族やパートナーって、
まさに
「何でそこで
その手を出したのか
ちょっとよく分からない」

状態なんですよ。

そして、
あれよあれよという間に
詰んだり投了する
羽目になってしまうのです。

それを
「この一手は、おそらく
こう考えたから
こう指してきたんでしょうね」

と解説できるのが私です。

もちろん、先ほども言ったように
「100%理解できる」
訳じゃないですよ。

ただ、
「分かりやすく伝えられる」
というのは
大事なスキルだと思うのです。

ちなみに将棋の解説者って
ファンによる人気投票が
行われているようです。
 ↓
観る将ファンが選んだ最優秀「解説者」「聞き手」は誰だった?

いいですねー。
私も「とにかく話が面白い、
そして分かりやすい」とか
「瞬時に手を読まれて
的確な解説をされた」
とか言われてみたいものです。

今後もこの「解説スキル」は
磨き上げていきたい所存ですので、

「境界性パーソナリティ障害と
思われるあの人が何で怒ったのか
まったくわからない」
で悩んでいる方は、
お気軽にご連絡くださーい。

それでは本日はこの辺りで。
ごきげんよう、さようなら。

境界性パーソナリティ障害対応についての記事

境界性パーソナリティ障害の彼女は「試し行動」をする

境界性パーソナリティ障害の「試し行動」を止める対応とは?

試し行為(行動)がやめられないのは、過去にもらえなかった愛情を「今」もらおうとしているから

境界性パーソナリティ障害の彼女へ対応するには「まず理解する」こと

境界性パーソナリティ障害について書いた有料note

境界性パーソナリティ障害と過ごした半生と、自己治療&周囲の対応ポイント【前編・10歳〜24歳までの話】|巴|note

わたしは10歳から34歳までの24年間、境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)という精神障害でした。(英名:Borderline personality disorder/略称BPD、ボーダー、境界例) 「でした」というのは、もう寛解(かんかい・症状がおだやかになること)して、その症状がほとんど出てこなくなったからです。 わたしは投薬・通院をやめ、周囲の力を借りながらの自己治療で現在の状況まで持って行きました。 わたしが最後に受診した心療内科の先生曰く、この精神障害に「完治」はないそうです。なので、たまに少しそれっぽい傾向は出てきます。 しかし、一番ひどかった時のようにはもう

境界性パーソナリティ障害と過ごした半生と、自己治療(寛解)&周囲の対応ポイント【後編・25歳〜36歳現在の話】|巴|note

わたしは10歳から34歳までの24年間、境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)という精神障害でした。(英名:Borderline personality disorder/略称BPD、ボーダー、境界例) 「でした」というのは、心理学と自分の病について学び、対処法を研究・実践し、現在その症状が99%出なくなっているからです。 専門用語でいうと寛解(かんかい/症状が和らぐという意味)ですね。 現在は資格を取り、イラストライター兼心理カウンセラーとして仕事をしています。カウンセラー業を始めてから、この精神障害に苦しむ当事者さんやそのパートナーさんからご相談を多数いただくようになりま

* * *

一人で解けない悩みの糸を、ほどくお手伝いをいたします

BPD対局解説もお任せください!

カウンセリング詳細&お申込みはこちら

無料メールマガジンやってます

心を軽くする心理学の話を
わかりやすく解説しています。

◆月〜土・大体20時配信◆
 ↓


あなたの心を心理学でスッと軽くする「ぱりことば。」

無料悩み相談はこちらへ!

匿名ブログネタ投稿フォーム

※ブログ上で回答します。
 全ての投稿を採用する訳ではありません。

※フォーム以外からのリクエストは
 取り上げませんので、ご了承ください。

LINE・SNSのお問合せ先

友だち追加

上のボタンを押すか、
LINEアプリを開き
「@palicosp」でID検索

◎Twitter @palicosp

◎Facebook @palicosp

◎Instagram @palicosp